FC2ブログ

2020-12

小沢有罪は100%ありません

2010・02・01 投稿分


よく「贈収賄罪とか斡旋利得罪で逮捕される」という人達がいますがその可能性は100%ありません。
当時小沢さんは自由党から民主党に移ったころです。そのころ野党でした。だから「職務権限」がありませんでした。よって贈収賄罪で逮捕されるということは100%ありません。

また「斡旋利得罪」は公務員に働きかけて口利きをして報酬を得ることです。国家公務員のことが一切出てこないのに斡旋利得罪など適用できるはずがありません。また、斡旋利得罪の時効は5年です。

2010年2月4日に小沢君が逮捕されるという人もいますがそれはないのです。国会議員には不逮捕特権というものがあって国会開会中は有無を言わせず逮捕なんてできないのです。逮捕許諾請求を国会に出して国会の承認が必要です。だからある日突然呼び出されて逮捕、小菅に勾留なんてありません。

起訴されるとすればどんな罪でしょうか?贈収賄罪や斡旋利得罪での可能性はありません。残るのは「政治資金規正法違反」だけです。2004年10月29日に秘書達の寮として不動産を買いました。それを2004年の収支報告書に記載しませんでした。2005年に登記をしましたので2005年の収支報告書に記載しました。これが政治資金規正法違反といわれる理由です。それと、購入するとき小沢氏個人の金4億円を2004年に立て替えてもらった。それは2007年に返しました。このことも記載しておりません。でも、これだけでは、せいぜい起訴は秘書達だけ。検察が小沢本人を有罪に持っていける可能性は極めて低いというのがやめ検達の大勢です。そこで検察は水谷建設からの裏献金の調査に必死になっています。

2004年10月に5千万、2005年5月に5千万を小沢君の秘書達に渡したという水谷建設の元幹部の証言があります。検察はこれに喰らい付いてなんとか証拠を握りたいと必死です。でも、角栄裁判を見続けてきた小沢君が、そんな金を受取るということは考えられません。秘書達が、小沢の承諾なしに勝手に受取ってポッケに入れたとか、資金繰りの中に入れたとか、そんなことができるような小さな金額でもない。そんなことなら50人体制の検察の捜査ですぐばれること。ここでも検察は苦戦、真っ青ではないか。

週刊誌(文芸春秋)によれば検察の狙いは脱税での小沢逮捕ということですが、僕はその可能性もないと思います。2004年10月に水谷建設からもし小沢君個人に5千万円が渡っていたことが立証されたとしても、その時効は2010年の3月15日です。確定申告の日から起算して5年だそうです。だから2010年3月15日が過ぎれば脱税での逮捕はありません。もうすぐ3月15日です。すぐわかることです。

検察が小沢不起訴を発表する日はそう遠くないというのが私の見方です。時が過ぎてわかることです。

                (2010・02・01 投稿分)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misatoism.blog112.fc2.com/tb.php/670-2fb89f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード