FC2ブログ

2018-10

人生は一枚の葉っぱのようなもの ①

<人生は一枚の葉っぱのようなもの>

人間も、この世に生まれ、育ち、親になり、死んで、この世を去っていくわけですが、それは、大きな目で見れば、ちょうど植物の葉っぱのようなものなのです。

木は冬の間は枯れていて、まったく兆候がないのに、春先になると芽吹いてきます。芽吹いたかと思うと、四月、五月に、バーッと若葉が出てきます。さらに、六月、七月には、たくさん葉っぱが茂ってきます。雨をたくさん吸収し、炭酸同化をして、栄養を木の幹のなかに取り入れていきます。そして、秋になると、葉っぱは変色し、赤くなり黄色くなって、散っていきます。

死は悲しいように見えるかもしれませんが、葉っぱが散っていく姿と変わらないのだということです。「諸行無常」の思想とは、そういうものです。木の葉が散っていくように、人間も、やがて死にます。
どのような人でも必ず死にます。

絶対に外れない予言は、赤ちゃんが生まれたときに、「この子は必ず死ぬ」という予言をすることです。これは間違いなく当たります。外れようがありません。どのような人でも必ず死にます。この世から見れば残念だけれども、必ず死ぬのです。

              

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misatoism.blog112.fc2.com/tb.php/566-12cc891a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード