FC2ブログ

2019-06

日本型資本主義=情のある人間資本主義

米国の経済政策での自由放任主義は人間性が伴なっていない。言い換えれば、「情のない資本主義」というものだった。今回の危機でこの限界が分かった。だから、欧州は欧州、日本は日本、中国は中国の、それぞれの固有の歴史、文化、伝統に基づく政策、対応が取られていくだろう。

例えば、日本で今、大きく報道されている派遣労働者の解雇問題は、米国流自由放任の小泉構造改革で労働市場が規制緩和された結果だが、日本社会は終身雇用が原則だった。いずれ、時間をかけて「情を伴なった人間資本主義」という方向に大きく是正されていくのだろうと思う。それが日本型資本主義だ。

日本の政治家、経済人はともかく今の経済危機をいかに打開するかということに集中している。
今は精神的余裕がないかもしれないが、新しい時代の方向性を踏まえた危機対応を考えていく必要がある。
           (2010・01・16読売新聞 中曽根康弘)

我が社の社是‥‥「明るく楽しく前向きに 5年10年15年」
会社の応接室に張ってあります。取引先の方もサラリーマン、“良い社是”ですねと誉めてくれます。
でも楽しい職場と一口に言ってもその実現にはなかなか難しいものがあります。日々の営みには、いろんなことがありますもの。社員一人一人、いろんな価値観があります。会社がきちんと利益を上げていくということが一番の基本ですけれども。そして社長の人物、人柄、器。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misatoism.blog112.fc2.com/tb.php/433-ad0bcb02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード