FC2ブログ

2019-09

竹中平蔵先生の講演を聴いて

2007年7月24日(火) 越谷の「ギヤザホール」での竹中さんの講演会に出席してみた。
(野村證券越谷支店開業一周年の記念行事)

会場は250人びっしり。竹中さんに聞いて見たいと思うこともあり、前の席に座って話しを聞いた。質問の内容もメモしていた。ところが質問の時間になって手を挙げたけれども、質問者が多くて僕の番まで回って来ないのだ。

それにしても年寄りのおっさん達が次々とくだらん質問を続けるのにはいらいらしたね。そういう人達を押しのけてしゃしゃり出る勇気も僕にはないのだ。

それにしても野村證券の支店長と一緒になって小泉・竹中改革の成果を自画自賛される話には違和感を覚えたねー。

ガタガタに壊れてしまった金融秩序を正常にもどしたこと‥‥それは一応評価する。けれども、自分達で株価を7600円まで下げておいて、それを基準に2.4倍(18000円)になったからいいじゃないかという発言には腹が立ったね。高値掴みで塩付けになってる国民多数。

世界の株式市場はおしなべて歴史的最高値圏にある。
ところが日本の日経平均株価だけは「高値の半値戻し」も達成できていない。
株価が元気なく低迷中という国は日本だけなのだ。

経済の構造に問題があるのではないか、行政の仕組みに欠陥があるのではないか?という経済評論家もいる(長谷川慶太郎)。

そして、株価は小泉・竹中改革というものを竹中さんが自慢するほどは評価していないのではないか。
現在の自公政権では真の改革は出来ないということを株価は教えてくれているのではないか?

「株価の先見性、株価はすべてを教えてくれる」という市場の教訓を考えれば‥‥そういう結論になる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misatoism.blog112.fc2.com/tb.php/18-15a1201d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード