FC2ブログ

2019-06

公務員の年金資金だけは堅実運営?

約140兆円の年金資産を持つ「GPIF」が運用比率の見直しを公表。

「国内債権」を60%から35%に引き下げる一方、「国内株式」への投資を12%から25%に引き上げるという。
いよいよ将来の蓄えがギャンブルに投入されることになる庶民はたまったもんじゃないが、見逃せないのは、国家公務員が対象の「国家公務員共済年金」は、「国内債権」への投資が74%と安全運転に徹していることだ(日刊ゲンダイ)。


前回のバブル崩壊のあともえらい批判を浴びたのを覚えている。当時、国会で議論になり、年金資金を株で運用することなど、二度としないという話だった。年金の資金を株で運用している国があるか?という国会での質問に「無い」という返事が官僚から出ていたのを覚えている。リスクを取るのに甘いアメリカでさえ“年金資金を株で運用する”ことなどないという。

それなのに、なぜ?
「庶民の年金だけリスクの高い運用に回して、自分達のお金は安全運転でいきます」・・・これはお笑い3人組だ。
官僚、安倍内閣、GPIF。

私が恐いと思うのはGPIFという大きな機関投資家が一旦株式を買い付けたらなかなか売れないということだ。株式市場に崩壊の兆しが見えても売り逃げるというわけにはいかない。一旦売りに回れば暴落の引き金になり市場の崩壊を加速させてしまう。売りに売れない。そして最後は膨大な損を出してしまうことになる。鳴り物入りでバブルを仕掛けるアベノミクスだからこそ、その危険は前回のバブルどころではない。
(2014・11・23)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misatoism.blog112.fc2.com/tb.php/1762-2ea9cc3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード