2017-10

秋の味覚、「ギンナン」の話です。

ギンナンは栄養が豊富で尿を抑える作用もある

 ギンナンのなるイチョウは中国原産の植物で、一説には鎌倉から室町時代に日本に伝わった。ギンナン採取を目的とした栽培は1950年代半ばに始まり、産地の愛知県稲沢市(旧祖父江町)で生まれた品種が接ぎ木で全国に広まった。

 生命力が強く、中国では子孫の繁栄を願って結婚式の朝、新郎新婦に食べさせる習慣がある。尿を抑える作用もあるので、式中にトイレにあまり行かずに済むように、との狙いもあるようだ。日本でも夜尿症の子供に食べさせる療法がある。

 栄養価は高く、薬効成分も豊富。イチョウにしか含まれず血の巡りを良くするとされるギンコライドのほか、生活習慣病の予防効果があるビタミンCやカロチンを多く含む。ただ、アレルギー物質も含むため、食べ過ぎると中毒を起こす。

 都内の百貨店などでは平年並みのワンパック(500グラム)800円程度で販売されています。

(2013・10・26  日経夕刊 彩時季より)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misatoism.blog112.fc2.com/tb.php/1483-91b19764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/27 09:04)

稲沢市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード