FC2ブログ

2019-06

主治医が変わって劇薬投与(アベノミクス)①

日銀が異次元緩和に転じて1ヶ月。お金の総量や長期国債の保有を2年間で2倍にするという。

債券市場は動揺したが株価は上がり、円安が進んだ。政界や経済界からの評判は今のところ上々である。

この間における日銀の変わり身の速さには恐れ入る。日銀の政策運営を「成果が出ていない」と批判してきた黒田氏が総裁になった途端、その考えに基づく政策変更を委員会の全員一致で決めるのだから。

熟慮の末としても、辞任した正副総裁以外の以前からいる委員に対して、判断のブレを問う声が出るのは当然だろう。いったい、長年、デフレ政策をやってきたのは誰だったのか ?

国民は、主治医が交代した患者の気分。以前の医者は副作用を気遣い、薬を少しずつ増やした。回復には時間をかけて治さないと体が壊れてしまうと。ところが今度の医師は、そんなまどろっこしいことでは治る者も治らないと断じ、2年で治すために薬を倍にすると言う。しかも自信ありげだ。気のせいか最近少し体の具合が良い。でも、心の底では、余病や過剰投薬、功名に走る医師団の動き、不安だらけだ‥‥‥(続く)

日経新聞・十字路(全国地方銀行協会常務理事 中川 洋)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misatoism.blog112.fc2.com/tb.php/1385-97d1a97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード