FC2ブログ

2020-03

日本の製薬業界は腕の見せ所だぞ!

コロナウイルスに効くという薬の名前がちらほらと出てきています。 既に市販されている薬の中にコロナに効く薬はないか? 製薬業界は血眼になって試験を重ねているでしょう。

昨日は膵炎の薬として販売されている「ナファモスタット」という薬がコロナに効くという東大の先生の発言がありました。 試験的な投与はもう始まっているようです。 既存の薬がコロナの予防にも治療薬としても有効ならコロナ騒動は終焉ですけどね~!

富士フィルムの子会社の富山化学が開発して富士フィルムが販売している「アビガン(一般名=ファビピラビル)」という薬もコロナの薬として有望と言われています。 コロナ騒動はそう長い時間を要しないでも解決できるのではないかな~という思いに駆られた昨日今日です(^^)v

日本の製薬業界は頑張って欲しいと思います。

安倍首相はとんでもない間違いをしたのかも知れません?(>_<)

下記は2017年7月19日の私の投稿です。 だから言ったじゃないの(-"-) でも、この壮烈な株安には銀行も証券会社も困りましたね~。 ソフトバンク(孫さん)は大きな博打をやっていますが大丈夫かね~? 修復には長い時間がかかるのかも?(>_<)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『政府の経済財政に関する中長期試算では、2020年度の国・地方の PB=プライマリーバランス(基礎的財政収支)が、8兆2千億円の赤字になるとの見通しを発表しています。それも名目成長率が3%として計算してのことですから内実はもっと酷いことになる可能性は大きいと云えます。名目3%の成長なんて夢のまた夢、ありえない数字です。

人口減少の恐怖、世界経済は金利の上昇傾向にあり停滞期に入る様子が見えます。3%の名目成長なんて出来る訳がありません。マイナス成長ということもあり得る状況です。

「輪転機をぐるぐる回してお札をする。それで株を買い、国債を買う」というアベノミクスは大きな間違いをしているのかも知れません。ジャンジャンお札を刷って、日銀が株(ETF)と国債を買ってもこれ以上景気は良くなりそうにありません。現在の株価2万円はバブル、そしてバブルは25,000円まで株価を押し上げるかも知れませんがその後にはとんでもない廃墟経済が待っているような気がしてなりません。

安倍首相はとんでもない間違いをしているのかもしれません(>_<) 時が過ぎて私の予想が杞憂(無用な心配)であったと言える日が来ればいいですけど( ◠‿◠ ) 』
【2017年7月19日】


輪転機


«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード