FC2ブログ

2018-10

消費税の勉強 [Ⅱ] 

会社は消費税を負担していません。

それでは、「会社からも消費税を取る」ということになったらどうなるのでしょうか?
そうなれば、会社はその消費税の分を商品の値段に当然上乗せしていきます。結局個人の消費者がその分も払うことになります。

一次問屋→二次問屋→販売店とわたるうちに、消費税の分が上乗せされて行きます。最終の値段はそれだけ上がります。メーカー、大企業は、それならその中間業者を出来るだけ省いて、直接消費者に渡るようにしようということを当然考えます。また、仕入れるときも中間業者を通さずに直接買おうとするでしょう。もちろん、今でもそんなことは考えているでしょうけど、各流通経路で消費税をとることになれば、その流れは一段と加速します。大企業は問屋さんを通さない事を当然考えますし、その問屋さんを吸収・合併してしてしまうという流れが一気に加速します。そうなれば、寡占化、独占化、などが益々進んでいくのではないでしょうか?
大企業が益々太ることになります。

「会社は消費税を負担していない」‥‥このことに気がついていない国民は案外多いんです。
だから「消費税」の名称を「個人消費税」にするべきだという人もいます。

以上消費税の勉強でした


母校を自慢する(^^)v

世の中は変われば変わるものですね~(*‘ω‘ *)
私が済々黌高校に在学していた頃の生徒数は一学年で500人でした。50人×10組でした。その中に女子生徒は20人。それが現在は男子が半分、女子が半分だそうです。間違いなく男女共学です。私が卒業してから58年ですがその間に母校も変わりました。スポーツに熱心で大学の進学情況も優秀というところは同じですけど。

東京同窓会は600人~800人が集まります。幹事学年の人達は大変ですがちゃんと続いています。。

クリック

済々黌高校の大学進学状況



«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード