FC2ブログ

2016-04

一流が一流でなくなる日(>_<)

東京電力、シャープ、東芝、今回の三菱自動車、タカタ、施工マンションが傾いた三井住友建設
日本の一流企業と言われた会社がどうしてこうなるの?

それにしても、問題を起こして株価が暴落した銘柄を持っている株主の方々はつらいですね~
短期の保有者でストップロスオーダーをかけていれば少しの損で済むでしょうけど、僕みたいに一度買ったら長期で持つ株主はこんな銘柄と遭遇したら目も当てられないよ(>_<)

それにしても今回の三菱自動車のザマは何だろう 以前にも何か問題を起こしてグループから500億円の援助を受けてやっと信頼回復したかに見えたけどまたこのザマだ(>_<)

それと自動車業界の燃費問題も可笑しいよね。リッター25km走るとカタログにはかいてあるけど、特殊な条件での実験の数字で実際道路を走ると16~18kmしか走らないもんだから初めは騙された気持ちになった。

↓クリック
三菱自動車問題


借金を背負った人生・・・

本社の成形工場が狭くなりましたので第二工場用地を探してきましたがなかなか適当な土地がありませんでした。不動産屋さんがおっしゃるには200坪~300坪の工業用地は出てもすぐ売れるそうです。貸工場も良い物件は出ればすぐ決まるそうです。

今回、決めた土地は300坪の調整地域ですが工場を建ててよいという役所の許可が下りましたので購入しました。建蔽率も厳しいですが樹木の数まで規制があってOKが出るまで時間がかかりました。提出した図面にやっとOKが出ましたので着工です。

銀行も喜んで低利で貸してくれる時期で条件は整いました。きれいできちんとした工場を建てたいと思っています。
25年払い、もちろん返済するのは現社長(せがれ)です。親子二代、借金人生が続きます。



DSC_0056.jpg



石井独眼流(石井久元立花証券社長)

「桐(きり)一葉、落ちて天下の 秋を知る」
と、うたい、1953年のスターリン暴落を予言した石井久氏は90歳です。最近の日本経済をどう捉えているのでしょうか?

日本経済は70歳

●堅調な株価は3年くらいはもつでしょう。私は目先の株式相場については強気です。アベノミクスが支援材料。でも、長い目で見れば、今の相場は一時的に上昇する「あや戻し」にすぎない。移民政策の推進や適切な時期の利下げなど投薬の仕方を間違えなければ、日本経済をある程度若返らせることはできる。しかし70歳で元気溌剌でも30歳に若返ることはできません。

今、投資すべき金融商品は何でしょう?

●今は「豪州国債」を買っています。豪州は資源国だから、将来的に日本円や米ドルなどに比べて、価値が上昇する可能性が高い。円は下落するでしょう。今からでも郵便貯金をするより豪州国債を買うのが良いのではないでしょうか。
(2013・07・06 日経新聞朝刊15ページ)

※ 石井久さんは平成28年(2016年)4月22日 享年92歳、肺炎で亡くなられました。

«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード