FC2ブログ

2015-11

民主党政権は良いことも言ってたけど

2008・01・07の日経新聞の一面に日経の年金制度研究班の結論が載っていました。「基礎年金は保険料ではなく税として徴収して、国民誰もが6.6万円(夫婦で13.2万円)の年金をもらえるようにする」というもの。「日経新聞研究版」も民主党案に賛成していたのです。

もちろん現在、年金をちゃんと掛けている人と、掛けていない人との公平性を保つためにはいろんな工夫が必要です。移行するのに長い年月がかかります。我々年配者には関係ないことだけど、若い人達が国民年金もかけていない人が多いと聞けば『なんとかならないのか』と思います。


―――――――――――――――――――――

①Aさんは現在66歳。40年間国民年金を掛けてきたので6.6万円の年金をもらっている。民主党案になればどうなるか
       ⇒同じく6.6万円がもらえる。

②Bさんは現在66歳。年金保険料を掛けてこなったので年金はもらっていない。
       ⇒民主党案になってももらえません。

③Cさんは現在50歳。30年間掛けて来ました。Cさんが65歳になったとき民主党案ではどうなるか?

   ⇒旧制度の30年分と新制度の10年分(50歳~60歳)がもらえる。

④Dさんは45歳で年金保険料を掛けて来なかった

   ⇒新制度の15年分(46歳~60歳)がもらえる。

⑤Eさんは20歳。⇒65歳になれば新制度の40年間分がもらえる

・現行の国民年金の保険料である14100円(人頭税)は徴収しない。基礎年金は税金から出す。その財源は無駄を徹底的に省く、それでも足りなければ消費税。二階の部分は、所得に応じて決められた金額を、税務署で強制徴収する。だから所得の無い学生さん等は払わないことになる。

・従って未納問題はほとんどないし、徴収費用を激減できる。現在の社保庁は、国税庁に吸収合併させれば、職員数は3分の1で済むだろう。

・所得の無い人は、保険料は払いませんので、二階の部分の支給はゼロですが、基礎年金(国民年金)は6.6万円もらえます。但し現在掛けていない人はその分減額されます。

・現行制度を清算すれば膨大な資金不足になる。だから現行制度を清算するという選択肢はありません。賦課方式を積み立て方式に代えたら、とたんに現行年金の支払いの原資に困ることになります。

・だから現行制度の「しがらみ」を引きずって、長い年月を掛けて新制度へ移行していくしかないのです。今まで真面目に掛けてきた人と掛けてこなかった人との公平性は当然保たねばなりません。旧制度から新制度への移行期間は、いままで年金を掛けていない人は旧制度の分はもらえない(例えばDさん)。

・新制度発足時に20歳の人から完全に移行することになる。即ち新制度へ移行が終わるまで45年の年月が必要ということだけれども、そこは20年で線引きするか30年で線引きするかは政策判断であろう。

«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード