FC2ブログ

2015-10

全ては社長の責任、社員は関係ない‼

チリ級津波がくれば福島原発の冷却装置が壊滅的な打撃を受けて「苛酷事故」に至る危険があるということを共産党が指摘していました。そして東京電力株式会社の当時の社長「勝俣恒久氏」宛てに共産党は申し入れをしている。もちろん、国会でも取り上げました。

あのとき勝俣社長が、共産党の申し入れに興味を示して、もっとつぶさに津波対策に本腰を入れていたら東電はこんな無様(ぶざま)なことにはならなかっただろう。逆に政権党に献金して噂を打ち消すことに神経を使った? 原子力安全委員会の人達の責任も重い。

「会社がうまくいくのも、だめになるのも、全部社長の責任。社員は関係ない」(財部誠一)。

そりゃー、東電ともなれば、政府やいろんな団体との絡みで、社長といえども、社長が「こうだ」といえば「こうなる」とは、なかなかいかないのかも知れない。でも社長にそれができなくて、他の誰にそれが出来るというのだ。それと、原子力安全委員会の人達は何をやっていたのかね?

終息に何十年もかかるというこの原発事故、日本にとって悔やんでも悔やみきれない 
(2011・05・18投稿)

クリック
福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ(2007・07・24)


«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード