2015-01

何がISをそうさせるの?

お金をくれなきゃ殺すだの、人質交換だの、それを世界を相手にしてやってるあいつらは凄いといえば凄いけど困ったもんです。憎しみ、報復、貧乏、経済的格差、宗教、領土的野心、欲望、力の源泉は何ですか?

アメリカやその同盟国から2,000回以上の空爆を受けても、ISの支配地は1%も減らないという。アメリカも地上戦はおっかなくてやりません。

そんな所へノコノコ出かけて、人質になつた後藤健二さん。「何かあったら自分の責任」と言ってあっちへ行ったんだから、こんな大騒ぎになった以上、おめおめと日本に帰ってはこれないでしょう?後藤さんが生きて帰れる可能性は極めて低いと考えるしかまた、あの変なお母さんも出てこなければいいのに

安倍総理も菅官房長官も大変だけど、駒はヨルダンに握られているから日本はもうどうしようもないって感じだな~?ヨルダンによろしくというしかない。テレビラジオを見たり聴いたりしてるけど政治家もマスコミも大変です

あんな仕事に付かなくて良かった~。もっとも、なろうとしてもなれなかったけど

平和な我が暮らしとISIS

昨日は暖かかったね~
車に乗っていたら暑いくらいでした!

思わず窓を開けました。
僕は寒がりだから暖かいのは大歓迎です

最近はゴルフ場も空いてるから天気を見て午後からハーフプレーに行きます。
それで運動不足解消、長生き大作戦です

ゴルフ場は大変でしょうけど、
空いてる、安い…我々ジジババには楽チンな話です

まだまだ大寒真っ盛り、早く暖かくなって欲しいな~
3月の半ばまで、あと1ヶ月半でーす

ISISの騒動に較べたらなんと平和な我が暮らし

日本人人質事件

積極的平和主義のリスク

 イスラム国における日本人人質事件については、噴るばかりである。誰がやっても有効な解決策はすぐに見つからないので、政府の無策をいま責めるべきではない。しかし問題がこのように展開したことについて、日本政府の対応が適切であったかどうか検証することも重要である。

 そもそも湯川遙菜(はるな)氏がイスラム国に拘束されてから久しいし、後藤健二氏の留守宅には昨年12月に身代金の要求が来ていた。もちろん政府も事実を把握していたはずである。この間、問題解決のために何をしていたのか。さらに、この時期に安倍首相が中東を訪問し、イスラエルとの協力関係を強調するという対外的デモンストレーションを行うことが、人質事件にどのような影響を及ぼすか、政府部内で十分な検討を行ったのだろうか。

 安倍政権は、国民の安全を守るためと称して、日本版NSC(国家安全保障会議)を設置し、深い情報収集と戦略構築を売り物にしてきたはずである。2億ドル(235億円)の身代金要求について政府高官は想定外と云ったと報じられている。それはあまりにもお粗末な話である。

 安倍政権が進めてきた安全保障や外交の体制づくりが、本当に国民の安全を守るのか。首相の言う積極的平和主義が、国民のリスクを高めることはないのか、この機会に熟慮する必要がある。

2015・01・25東京新聞本音のコラム
(法政大学教授山口二郎)


美味しいステーキを食べました(^_^)

「浅草ヨシカミ」という洋食屋さんでセットで
4,000円(150グラム)のステーキを食べました。千葉に住んでいる同級生夫婦と俺んち夫婦で浅草集合で食べ歩き!

普段、安いステーキしか食べていないので美味しかったです。それもめったに食べません。2,450円のビーフシチュウも人気だそうです。

土・日は店の前で並んで待つ盛況ぶりだそうです。浅草に住んでる友達の推薦で行きました。浅草に長いこと住んでる友人です。老舗が長い間には一つ二つと消えていく…その生き証人です。

その競争の激しさ、
街並みを見ていると判ります。何の商売も大変ですよね

↓クリック
浅草ヨシカミ

テロ組織が日本を狙う

テロ対策費として2億ドル(235億円)を支援すると演説した安倍首相。人道支援を強調しても通じない。敵の味方は敵。日本も敵側の国になった。「これからは日本でもテロが起こるかも」(イスラエル首相)

アメリカも日本を全面支援とのニュース。
紛争の解決に世界と手を携えるとなれば日本もテロの標的になる可能性は増す?この狙いやすい無防備な国、日本。

敵の弱いところを狙え…兵法の常識

昨年の暮れには日本人が人質になっているのは確認されていた。家族には20億円の身代金の請求が来ていたというから政府も当然知っていたはずだ。テロの敵対国に235億円の拠出を表明すれば人質にどういう影響があるのか研究されたのだろうか?何も考えずに235億円を出すという話を演説に入れたのなら締まらない話だ。

段々と日本もテロから狙われる国になっていきそうな気がするな~?

↓クリック
紛争に巻き込まれる日本

良く眠れました!

パソコンが快調で昨晩は良く眠れました!

問題解決ですっきり、気分爽快、…

パソコンって、やってるうちに「ああだこうだ」、いろいろ問題が出てきてイライラしますけど、
年寄りがパソコンをやるのはボケ防止には最適だと思います!

私の最上位の目的は
ボケないで、元気溌剌、90でポックリ
90歳まで17年もある!

でも最近、単語、言葉、人の名前が出てこなくて考え込むことがよくあります
73歳の冬

時が過ぎてみないと判りません?

日銀が国債を金融機関から買い入れて金融機関にお金をジャブジャブ投入する。でも借り手がいないのだから金融機関はどこで運用するのか?今までは国債で運用すればそれ相応の金利があったけど日銀が買いあさるので国債の金利は限りなくゼロに近くなってきた。新規国債40兆円の外に既発債も40兆円を買い入れるというがこれ以上売却に応じられる金融機関は少ない。国債市場に国債がなくなってしまう可能性があるというのだから国債という道具を使った異次元の金融緩和では行き詰る可能性が高い。

日銀は危機的状況に陥るというダイヤモンド誌の指摘も時が過ぎてみないと分らりません。そんなことは日銀の理事達も当然考えているだろうし出口は用意されているはず。何も週刊誌が心配することではないと日銀はせせら笑っているかな~?

異次元の金融緩和でうまく行くのか?時が過ぎてみないと私には分りません。
(2015年1月20日)

↓クリック
日銀の危機を勉強

ブログの管理画面がよく分からなくて(>_<)

パソコンは一度引っかかると解決するのに大変。特に年寄りには

一つのパソコンで
FC2を使って2つのブログを
立ち上げたら、両方のブログの管理画面を自由自在に開けないのです。

「ああだこうだ」やってたら夜中を過ぎても解決しない

でも、解決したら簡単。必ずログオフして行きたいブログのIDを入力する画面を出して
そこへIDを入れれば良いだけの話。必ずログオフすることがみそ。

でもヘルプ画面でもなかなか解決方法が見つけられなかった。
パソコンをバンバン使うというのは年寄りの頭には合わないな~

福島第一原発二号機で何が?

海から5.5メートルの観測用井戸で

放射性物質の濃度がこれまでの最高値を記録したという。
しかも、その原因は分からないというから無気味な話だ。

マスコミはあまり報じませんが福島原発の地下で何が起こっているのでしょうか?
心に引っかかる話ではあります。

今頃になって「最高値」、だなんて
(2015・01・16)

カラスの変死

埼玉県の入間、狭山、所沢、熊谷で111羽のカラスの死骸が見つかったそうです。原因は餓死と報道されていますがあんな頭の良いカラスが餓死するなんて普通では考えられません。でも胃の中は空っぽだそうですから何も食べていないのは確か?

いったい、原因は何なのでしょうか?カラスの死骸を見つけても絶対素手では触るなということが報道されています。
原因が分らないのが不気味です


↓クリック
カラスの変死

民主党政権は失敗しましたが・・・

下記のような訳で民主党政権ができましたが失敗。そして自民党政権に戻りました。そしてまたいつか自民党が下野するときがくるのでしょう。いつ、どんな形でそうなるか?想像もつきませんけど。
・・・・・・・・・・・・・
『私は政権交代可能な政治体制を構築しなければ、日本に将来がないぐらいに思っている。 中学一年生で終戦を迎え、占領下で自由と民主主義を教わって喜んだ。しかし、明治以来の成功体験に裏打ちされた官僚組織は温存され、ここにきて教育も厚生労働行政も弊害だけが目立つようになった。失敗を認めない官僚による支配を、改革する力のある政治家も出てこない』

『結局は政権交代しかない。今の民主党がいい悪いではない。官僚組織べったりの政治家集団だけで政治をやるのは、もういい加減にしてくれと。民主党が天下をとってもいい加減な政治をすれば、次に修正された自民党が政権を取る、何回か繰り返す間に必ずすばらしい人類の英知が生まれ、新しい国に変えてくれると思う』
(2008年7月)

(京セラ 稲盛名誉会長)

クリック
http://plaza.rakuten.co.jp/whatman/diary/200807240000/

稲盛会長

「人間(じんかん)万事塞翁が馬」

「人間万事塞翁が馬」   

意味:幸福や不幸は予想のしようのない事の例え、“じんかんばんじさいおうがうま”と読みます。

『中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。
さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。

ある時、その老人の馬が胡の国の方角に逃げていってしまいました。この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。
        
「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさん連れて帰ってきました。そこで近所の人達がお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。

「このことが災いにならないとも限らないよ。」

しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。近所の人達がかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

1年が経ったころ胡の異民族たちが城塞に襲撃してきました。城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。そしてなんとか胡人から守ることができましたが、若者の多くはその戦争で死んでしまいました。』

この話しは、中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に書かれています。
「人間万事塞翁が馬」の「人間(じんかん)とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人という意味です。

「城塞」に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらしました。まったく禍福というのは予測できないものであるということのたとえです「人間万事塞翁が馬」(じんかんばんじさいおうがうま)。

金杯は完敗(^_^)

中山11レース
(中山金杯)

三連単
● 9→全頭→1、 4、
● 4→全頭→1、14
※44点×300円=13.200円

ハズレました。48分の1ハズレただけだから長い目で見てください。また、来週ね(∵)
1年で48レースやります。

「あした待たるるその宝船」

『宝船とは、七福神が乗る宝物を積んだ帆船、またはその様子を描いた図のこと。新年をあらわす季語でもある。

宝船には珊瑚・金銀・宝石など、様々な宝物が積み込まれているという。そのため宝船はおめでたい船とされ、この船に七福神が乗っている様子をかたどった置物などが縁起物として親しまれている。その帆船には「獏」の字が書かれることもある。

また、宝船が描かれた図には

「ながきよのとおのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな」
(永き世の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り船の 音の良きかな)

という回文歌などが書かれることがあり、正月の2日にその絵を枕の下に入れて寝ると良い初夢をみることができると言われている』

※回文歌⇒和歌・連歌・俳諧などで、上から読んでも下から読んでも同音のもの。回文歌、回文連歌、回文俳諧などの称がある(広辞苑)。

s-S-Top-class-TAKARA-600p2宝船

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード