FC2ブログ

2014-04

PM2.5が襲来

日本列島にPM2.5が襲来しています。外出のときはマスクを着用したほうが良いということです。

喘息になるまでマスクなどつけたこともなかったけど、生まれて始めて喘息になって神経質になりました。
マスク着用のこと。

喘息のピークを10とすれば現在6レベルです。
まだまだうっとうしい毎日を過ごしています。

病気になって健康の有り難さしみじみ

↓クリック
PM2.5襲来(Nevadaブログ)

「熊本県立済々黌高等学校」が選ばれました ! 

我が母校の済々黌(セイセイコウ)高等学校が「スーパーグローバルハイスクール」に選ばれました。

もちろん、僕みたいな落ちこぼれもいますけど、我が母校は頑張っています。

↓クリック
スーパーグローバルハイスクール(文部科学省)

韓国船が沈没

何であんな大きな船が沈むかね?

6825トンで921人乗り、そんなデカい船が沈没なんて考えもできない。

岩にぶつかったとか、船どうしがぶつかったとかなら分からんでもないが、
急に進路を変えたからって沈むかねー?
余程、過積載、上の方に荷物を積んでいたのかなー?


「いち早く逃げた船長、無策無能な政府、偽メール送る奴
‥‥これが韓国の実態」という記事にうなずいてしまう。

だから海外旅行はきらいだ

富士重、生産追いつかず

★売れすぎちゃって困まるんです 

『富士重は新型車「レブォーグ」(266万7600円~)の発売を6月20日に延期する。当初の計画では、性能を高めた独自開発の自動ブレーキ「アイサイト」を搭載し、消費増税後の目玉商品として5~6月に売り出す予定だった。

レブォーグの予約でアイサイトの搭載率は9割を超える。自動ブレーキに使うカメラなどの調達が間に合わず「量産体制に万全を期すために発売の延期を決めた」と同社は説明している。

アイサイトは国内で自動ブレーキの先駆け。カメラを使い前方の危険物を認識すると自動でブレーキがかかる。国内で販売する「スバル」ブランド車のうち8割が選んでいる。

消費者の需要を逃さないためにも高性能化する基幹部品の安定調達が課題だ』

「2014・4・16(水)
日経11面」

鍼灸院で針とお灸

喘息の治療で身体は薬漬けの状態です

こんなに薬を飲んで大丈夫だろうか? 不安になります。

昨日は鍼灸院で鍼(はり)とお灸をやりました。

そこの先生は2週間で治すと自信満々です。
うれしくなりました!

先生、嘘ついちゃだめよ

嘘ついたら 針千本 のーます 


公開実験で全部解決、小保方さん ! 

STAP細胞の作成に成功していないのに“出来た”と云うのなら小保方さんは頭がおかしい。
それは病気。精神が病んでる。

作成には「コツがある、やり方がある」というならあらためて公開実験をやらせればいい。
理研独自の実験では分るまで1年はかかるという。並行して小保方さんにやれる環境を作ってあげればいい。
特許などとのからみがあったりして段々泥沼?

公開実験の結論が出るまで “撃ち方止め”

新聞の論評には小保方さんにやさしい目と憎む目がある。
30歳の女性、まだ未熟に決まってる、人間としても研究者としても。

僕はあざけり憎む気持ちにはなれません。
公開実験ですっきりさせてくれませんか

↓クリック
見方はいろいろ

近況報告です(涙)

73歳になりました。
携帯電話からドコモのスマホに替えました。
それでブログを書いていますが、まだ慣れないので大変です

老年性喘息と言われて2ヶ月、それが治らないのには困りました。まだ苦しんでいます

血液検査の結果、花粉アレルギーの数値が異常に高いと言われました。
CT撮影の結果は異常ありませんでした。

体は薬漬けの状態、それでも薬が効かないのです。
でも、この薬づけは良くないと自分でも思います。

同じ病気で苦しんだことのある友達が言います。
「薬じや治らないよ。時間が来ないと治らない」。

一つ病気が治ればまた次の病気、加齢というのはこういうことかなー?
お迎えが来る90歳まであと17年です。

ただ今、73歳の春です気分はつらい冬景色

どうなる?STAP細胞問題

小保方さん、リケ・ジョの星が一転マスコミから集中砲火。

今のところ、小保方さんのお粗末さは否定しようがない。いったい何があったのだろうか?
日本を陥れるために仕組まれたという珍説まであるしまつ

でもね、STAP細胞を作成したという仕事は小保方さん一人でやった訳でもあるまいに、
論文だって二重三重のチェックがなされたはずだ。理化学研究所は個人商店でもあるまい。
科学誌「ネイチャー」でも、掲載までには厳しいチェックが何回も何回も繰り返されるという。

STAP細胞が出来たのは本当で、論文の体裁にコピペがあったり説明に盗用がある
というならわからんでもない。細胞の作成そのものが嘘だなどという可能性は信じ難い話だ。

理化学研究所は出来ないものを出来たという論文を発表できるほど未熟な管理体制?
そして科学誌「ネイチャー」も今度に限ってはお粗末ではありませんか?

マスコミは小保方さん一人を悪者にしているがまだ真実は分らない。
なぜ、こんなことが起こったのか?謎は深い。
小保方さん一人でできるシステムなんて考えられないではないか

年間200億円以上の税金が使われているという理化学研究所は独立行政法人。
どういう結末になるにせよ致命的な打撃を受けることになります。

日本の技術開発陣にとっても世界からの信用失墜は計り知れないという。


小保方2

絶句、袴田事件

それにしても、もし、この人が無実だとしたら、酷い(むごい)話だ
48年間も拘束されて、死刑になる日を脅え待つ毎日。
しかもトイレだけの小さい部屋、テレビもパソコンもあるわけじゃない。48年間。

この人の無罪の可能性が出てきたのは、DNA鑑定の進歩がきっかけだろうけど、無罪の可能性は前々から指摘されていた。今回の裁判所の怒りの決定文を読めば、警察、検察、裁判、‥それに携わってきた人達はどういう気持ちだろうか?自分達の非を認めたくないのは分るけど勝負あったという感は否めない?

袴田さんのお姉さんは81歳。歳のわりには若いし、しっかりしてる

↓クリック
袴田事件を考える

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード