2013-12

基地問題、高級車が売れてパチンコ屋が繁盛

『沖縄の米軍普天間飛行場の辺野古移設問題をめぐって、政府が申請していた埋め立て申請を、沖縄県の仲井真知事が承認しました。

普天間返還の日米合意から17年、普天間基地移設へ向けて前進したと評価する声がある一方、沖縄の市民からは抗議の声も上がっています。

埋め立ては承認されても、2014年1月には、辺野古がある名護市で市長選挙が控えています。
立候補を表明している有力候補の中で、現職の稲峰進市長は移設反対派。それに対して移設推進派は自民党前県議の末松文信氏に1本化して、辺野古移設実現を目指します。』
(Yahooニュース)

東京新聞の記事から
★1世帯当たり1億5千万が渡されて年間200万円の生活支援を要求するという自称反対派
★そんな大金をもらっても「高級車が売れてパチンコ屋が繁盛するだけ」、すぐ無くなる
(良識派)。

我が社を支える女性兵士たち

12月13日(金)は今年の忘年会でした。
一年に一度の大判振る舞い、ビンゴ大会で盛り上がりました(優勝3万円)
たくさんのご馳走と飲み放題‥‥贅沢。

食糧危機なんていう話題も現実味を感じません。
「来年も、みんなでがんばって良い年にしましょう」ということで今年ももうすぐ終わりです

勤続16年最強の女性兵士たち
s-IMG_0618忘年会6  s-IMG_1200会社忘年会7

安倍総理、絶好調 ?

安倍総理が首相として靖国神社参拝
新聞、テレビ、ネット、解説がいろいろ出るだろうからそっちを見るとして

 ただ、中国へ本格進出している企業や社員のみなさん、中国や韓国在住の日本人の皆さんは大変でしょう
尖閣国有化で大幅に落ち込んだ売り上げがやっと回復してきたのに、これじゃーまた商売に響きます
安倍総理に損害賠償でも請求したいくらいだろう何で今なんだって?
中国へ進出しようとする日本企業は減っていくだろう。

原発再稼動や辺野古沖埋め立て、秘密法案などから世論の関心は一気に靖国神社参拝問題へ移る。
これは安倍総理が描いた自信の一手?次は憲法改正へまっしぐら。

でもね、民主主義というのは最後は国民が決める制度。どうなりますか安倍総理。
選挙は2年半後。若者に安倍支持が広がっているという報道もあるけど、国際世論は厳しい。

沖縄・仲井真知事が辺野古沖への基地移転を容認

安倍総理もよくやってるが結局お金を積んで沖縄を説得。自民党県連には脅しをかけたり、すかしたり。

仲井真知事も辺野古沖移設反対で知事に選ばれたのに金を積まれて心変わりか?

辺野古沖の環境問題に配慮することなど当たり前。配慮すれば環境問題はないというなら始めからそう云えば良かったのに。

沖縄へ膨大な経済援助と振興予算、結局、きれい事ではすまない沖縄。みんな「金くれ金くれ」の条件闘争だった。

次の選挙で沖縄県民が決めることになるのだがやっぱり沖縄は経済振興を選ぶのかな

財政再建の意思も能力もない政治

『今後、厳しく歳出を削り、段階的に消費税を30%超にまで引き上げたとしても、「財政再建に100年以上かかる」(慶応義塾大学 小林教授)』


今、日本政府が抱える借金は1.000兆円を超え、毎年50兆円ずつ増え続けています。GDPの一割の借金が増え続けているのです。私たちは、未来世代の冨を先食いすることで贅沢三昧をしているのです。そしてそれを誰も止められないのです。

今、優秀な若者は海外に出て行き、海外に活路を見出す事例が出てきていると週刊誌などでも報じられていますが、年配者達が既得権益を守る日本のシシテムでは自分達の未来はないと判断した若者達が増えてきたのも事実であり、今後本来なら日本を支える役割になる若者が大挙して海外に出て行くことになるかもしれません。

また、このような日本を見て、絶望感を抱いた富裕層は海外移住しており、日本に残る者は移住できない弱者と甘い既得権益にしがみつく者だけになり、国家として成立しなくなることもあり得ます。

消費税30%でも今まで積み上げてきた借金を消せないのです。
その事実を日本国民はもっと認識する必要があります(Nevadaブログ)。


★公務員の給料を下げたらデフレを助長する、公務員の数を減らしたら雇用が悪化する。だからそういう政策はダメという自民党西田昌一議員。民主党政権が出来たころの行政改革の熱気はどこかへ飛んで贅沢三昧の政治に逆戻り。どうすりゃーいいんだこの日本。若者達は自分の給料の明細をよく見たらいい。

何で「円安」が良いのかさっぱり分らん???

輸出の金額は増えないのに、輸入の金額だけが増える円安政策。何で円安がいいと言うのかさっぱりわからん?輸入大国日本では円安になれば輸入金額は増える。エネルギーや素材関係の輸入額は増えるばっかり。

円安で外国人の観光客が増えるのは確か。あるいは自動車の輸出は増えると考えるのは自然。でも、自動車の輸出は思ったほど伸びていないという見方もある。増してや、情報通信、電子部品などは少々の円安では世界と戦えない。競争力は落ちて日本企業の劣化は酷いという。

一部を見れば円安のメリットはある。でも全体として輸出は伸びない。輸入代金だけがうなぎのぼり。貿易赤字は増える。日本の貿易収支は17ヶ月連続で大きな赤字になっていると報道されています。

日経が以下のような分析をしています。

『(情報通信や電子部品・デバイスの貿易収支が悪化を続けているのは)日本製のパソコンと旧来型携帯電話が売れず、外国製のタブレット端末とスマートフォンを購入する日本人が増えており、円安で高まった競争力を埋められないほど、産業として競争力が低下している』

「円を安くして世界との競争に勝とう」なんて‥‥情けない話だねー

バブルの後はどういうことになるのでしょうか??

岩田日銀副総裁の話

『普通は景気刺激策として金利を引き下げる方法を取ります。ところが日本はゼロ金利でこれ以上金利を下げようがない。だからインフレにして実質金利を引き下げる必要があるのです。そして人々のインフレマインドを刺激することで景気を回復することができるのです。そのためにこれまでとは次元の違う金融緩和政策を実施しています』。

★僕は頭があまり良くないので良く分からないのです。インフレになれば当然金利は上がると思っていました。インフレになって金利がそのまま固定されていれば実質金利は下がるとも言えますが、インフレになって金利が固定なんてありますか??金利が急騰すれば日本の財政は厳しいことになります。

★景気が回復してその結果2%のインフレになるという話ならわかるけど2%のインフレになれば景気が回復するという話はよう分らん?必要以上に需要を先食いしたらその後は当分需要が無くなる。これ以上買う物がなくなる。

★やがて壮大な金融バブルが来る。そして宴(うたげ)の後には何が来るのか?

★アベノミクスは壮大な実験。歴史はこれをどう評価しますかね? 興味津々です。

クリック
岩田日銀副総裁の話

韓流映画とそっくり北朝鮮の権力闘争

金正恩(キム・ジョンウン)にとっては親父(金正日)の妹の婿さんが帳成沢(チャン・ソンテク)。

その帳成沢(チャン・ソンテク)を「犬にも劣る醜悪な人間のクズ」と罵倒して、捕まえて直ちに銃殺刑にしたという。それにしても、ただちに銃殺刑とは残酷なことだね


国家転覆の陰謀行為がバレて抹殺されたいう説、帳氏の妻が粛清を主導したとも。経済破綻の責任をおっかぶせられたという説。正男氏も暗殺される?これから側近達は大変だ。粛清の嵐が吹きすさぶという。まだまだ何があるか、おっかないですねー

昔と変わらぬ北朝鮮。その内に核兵器が完成したら日本征服を企むかも

まるで還流映画の王朝物とそっくりだ

景気対策として筋が良い交際費増額

会社の交際費が年間800万円まで損金算入可(中小企業)

交際費等の損金不算入制度における中小法人に係る損金算入の特例について拡充が行われ、平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間に開始する各事業年度より適用されます。

現行の税制上、中小法人等が支出する交際費等について損金として認められている金額の限度額は600万円、それから損金不算入割合10%を差し引いた540万円でした。

平成25年度税制改正大綱では定額控除限度額を800万円に引き上げるとともに、定額控除限度額までの損金不算入措置も廃止されます。 つまり、「交際費は800万円までの金額は全額損金算入が可能」になることになります。これは今年の4月から中小企業だけに適用されています。

大企業は使った交際費の半額を経費で落とせるということで決着したらしい。1億円の交際費を使えば5.000万円が経費で落とせる(2013・12・11ニュース)。

バブルのころの社用族復活 

もちろん、交際費としての意義のある金額についてです。家族や友人との食事や遊んだ分は認められません。税務署は優しくありません。

猛烈な金融バブルが来る 

そしてバブルは必ずはじけます ! 

日銀が発表した資金供給(マネタリーベース)の11月末の残高が、1年前に比べて52.5%増加の191兆6182億円となったと発表しています。

この1年間で52兆円も増加しており、これが今の株高を演じているものですが、今後更に日銀マネーが市場に放出されることになっていますが、日銀の金融バブルがどこまで株高を演じさせ、そしてどのような崩壊を見せるのか?

未踏の株高、そしてそのあと、どんな形でバブルは弾けるのか ?
もう少し長生きしなくっちゃー

過去最高の放射線量(20分浴びれば死ぬ量)

でも、ここで働く人達は大変だねー

20分未満で死にいたる放射線量のあるところで作業する人達、防護服を着ているとはいえ、大変なプレッシャーだろう。

先日のNHK番組でやってたけど、どこから漏れているのか分からない汚染水、たとえその個所が特定できてもそれを塞ぐことは極めて困難だという。

これから何年も何年も、汚染水、放射線量、との戦いが続く。

人材流出、東京電力を辞めていく人達が多いんだって

今、ここで巨大地震がきたらどうなるんだろう

クリック
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131206-00001127-yom-sci


児童手当1万円上乗せ(一回だけ)

子育て世帯の消費税増税の負担を軽くするためという理由で
来年度は1回だけ、児童手当を一人1万円増額するという。

要するに子供2人の家庭には20.000円を増額して支給するというのだ。

1回だけ2万円を増額支給して、消費税対策をしましたなんて?

ヘソが茶を沸かす話だろう

これこそ究極のバラマキではないのか 

政府のやることをあれやこれや見てると税金を払うのが嫌になっちゃうよ

クリック
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131130-OYT1T00733.htm?from=ylist

NHK報道(福島原発汚染水問題)

昨夜、NHKは深刻化する福島第一原発の汚染水特集を報道していました。

この報道を見て驚かれた方も多かったのではないでしょうか?原発は管理された状態ではなく、全く手探り状態にあり、しかも状況は悪化していると報じていたからです。

今、1号機で汚染水(トリチウム)が漏れ出しており、これはシュミレーション通りの汚染となっており、このシュミレーション通りに更に事態が進めば、今後遅れて更なる放射性物質が漏洩して来ることになります。

そしてこの1号機にはもの凄い濃度の1万トンもの汚染水が溜まっているとも報じており、これを処理することが必要とされていますが、どのように処理するか、方法がないとも報じていました。

今、福島第一原発はコントロールされた状態にあるのではなく、薄氷の上に建つ状態にあり、巨大地震やら何かの影響でバランスが崩れれば、とんでもない事態に発展するということが報道されていました。

NHKの報道でもあり、それは慎重な報道となっていましたが、事態は我々が思っている以上に深刻さを増してきていると言えます
(Nevadaブログから)


«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード