FC2ブログ

2012-12

超金融緩和・・・反対の意見も聞いてみよう  ?

1999年からの金融緩和で何が変わったのか?

安倍次期首相は金融緩和をさらに推し進めるとしていますが、この金融緩和は1999年から実施されており、今年は2012年であり、この間、自民党政権+民主党政権でいったいどれくらいのマネーを市場にばらまいてきたのか、誰も検証しません。

公共事業も、有益な事業と無駄な事業があり、これを混在させながら無駄な事業を進めてきたのは一体だれなのか。

本来なら民主党が無駄な事業を止め、無駄な事業を徹底的に表面化させるべきだったのですが、結果的にこれが出来ず、「仕分け作業」という茶番を演じ、官僚、国民からあきれられ、自滅していきましたが、自民党政権に戻り、また、無駄な事業が再開されることになるのでしょうが、、問題はもう財源が無いことです。

今までの自民党+民主党政権で作り上げた借金総額は1000兆円にも上り、年金債務は550兆円です。これをどう処理するのか?

インフレにすれば当然金利上昇となりますが、1000兆円×2%=20兆円という金利負担となります。これに国債元本返済分の10兆円を加えれば年間30兆円を超える国債費となります。

バブルのときでも年間60兆円余りしか税収はなかったのです。そして今は40兆円台しかありません。
このような中、国債費が30兆円以上となれば残りは10兆円もありません。

今、世界がやろうとしているのは、国民に我慢を強い、年間の赤字を減らし、借金を減少させる政策ですが、日本は国民にばらまきを続け借金を積み上げていく政策を取っています。そして安倍次期首相はそのバラマキを更に加速させようとしています。

日本は世界と真逆な方向に向かっているのです。いつまで日本は借金を増やし続けるのか、そしてそんなことが永遠に続けられるはずがありません?

2012・12・24
(Nevadaブログより)

«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード