2012-04

悲惨なバス事故

これはひどいよねー 

2012年4月29日、朝の4:40ごろ、乗客はまだ眠っていただろう。運転手まで眠ってしまって大参事。

どこの会社も安売り合戦に巻き込まれて安全がおろそかにされているんじゃないのかなー?苛酷な労働条件を強いて、会社をやるなんて、俺にはできない。
深夜便は安くて便利だけどこれじゃー考えてしまうよねー。お客も減るだろう。

若い女性も含めて7名の方が死亡、重軽傷の人が39人もいるんだって。
関越道・藤岡ジャンクションは時々通る高速道‥‥絶句。

それにしてもたまたまこのバスに乗り合わせた人たち、運命としか言いようが無い。
悪い事をしたわけでもないのに20歳前に死んで行った人達、一家の大黒柱、ご家族の皆さんの心中はいかばかりだろうか


20120429-00000261-yom-000-2-thumbバス事故


さー、ゴールデンウイークの始まりだ ! 

孫たちがやってくる  ! 


生まれてくれてありがとう ! 

「あなたたちは、じじの“ほこり”、じじの“よろこび”です」


どこかで聞いたようなセリフだな


s-IMG_1365孫とババ


責任者出て来い ! 

赤坂の一等地にある議員宿舎、賃料を下げる無神経さ(日経新聞朝刊 2012・04・12)

衆議院やその家族が住む赤坂議員宿舎の賃料が4月分から月額約8万4000円に改定され、約8.000円安くなった。「建築年数が5年経ち、国家公務員宿舎法に準じて引き下げた」ということらしいが、もともと「安すぎる」との指摘が多かっただけに、安易な値下げに批判が集りそうだ。

赤坂宿舎は全300戸で、間取りはすべて3LDK。広さは82平方㍍ある。
賃料は都心の一等地としては格安の月額約9万2000円だった。

政府が消費税の理解を得るため「身を切る改革」を進めようとしている矢先の値下げは、国民の理解を得られない可能性がある。

★ぬるま湯にとっぷり浸かってきた公的部門、自分達も我慢して財政負担を少しでも減らそうなんて、そんな気持ちは更々ないらしい。日経新聞のこの記事を読んで唖然としたね。もう財政を破綻させてIMF管理になって、一からやり直すしかないのかも? そうなれば円資産は消滅、貯金も消滅、どうすれりゃー良いんだ?研究しとかないとね。 

↓クリック
IMF管理になれば?その勉強


高校の同窓会、あれから52年、それぞれの人生

熊本県立済々黌(セイセイコウ)高等学校、昭和35年卒です。70歳~71歳。

それぞれの人生がありました。戦い済んだ戦士達です。
そして、これからも一波乱、お迎えが来るまでいろいろあります。

2012年4月8日(日)は鎌倉山で登山・花見の会、そのあと、鎌倉に住んでる同級生の奥様の手料理で宴会です。

みんな年金生活者。それにしても、長生きする人にとって年金がもらえるというのは安心です。
皆さん、20万円~25万円、それに加えて貯金もある、心がけの良い人ばかりです。
夫婦で学校の先生だった人は更に楽、でもね、共働きで必死に子供をりっぱに育ててきたんだもんね。
みんながんばって来たんです。

我々も厳しい受験戦争を経験した。就職試験も厳しかった。ビジネスマンとして一人前になるまでは戦いだったんです。すんなり、恵まれた老人になったわけではありません。落ちこぼれの僕は特に厳しかったんです

でも、やっぱり、老人から→子育ての若者へ、応援する制度が必要だよね。強力な政治を望んでいるのです。
若者よ、選挙に行けよ! 私の話はすぐ政治の話しになるんだよね。主義主張の違う人、ごめんあそばせ

クリック
済々黌高校 ホームページ

クリック
済々黌高校 大学進学の状況


          s-鎌倉の花見1
          ↑(これは四年前の同会の写真)
s-DSCF4306鎌倉1
      ↑ (2012・04・08 私は鎖骨骨折治療中で欠席、写真を赤星君がメールで
      ↓  送ってくれました。四年前と比べるとみんな歳をとりました)
CADVVQAZ鎌倉6


財務省の洗脳に嵌まった、野田総理と藤井裕久氏 ???

「なるべく早く消費税を上げた方が良い」‥‥多くの国民がそう思っている。私もそう思います。
でも、それには景気回復と行政改革が絶対条件  

前回の総選挙で民主党は何と言ったんですか?
『公的部門の改革を徹底的にやります。公務員の数と給料を下げて公務員経費を二割削減します。
衆議院議員の数を80削減、天下り、特殊法人にもメスを入れて国民が納得するまで改革を進めます。
雑巾を“しぼりにしぼる”、もう一滴も汁が出ない状況まで改革を進めます』

『それでも、民主党の政策を進めるのに、お金が足りないときは、消費税を上げさせてください。
そのときが来たら、消費税をテーマに選挙をして国民の理解を得たあとで、消費税を上げさせていただくことになります』。

そう言ってたのに、一向に進まない公的部門の改革、もううんざりですね。
そりゃー、大震災、原発事故など予期しないことも起きたけれども、公的部門の改革が全く手付かずというのにはあきれるばかりだ。ゴタゴタ続きでその入り口までも行けないこの現実。

野田総理は今までの二人と比べると少しはましに見えました。「彼ならやるかもしれない」‥‥町の声の期待は案外高かったのです。でもね、また野田総理は近所のおばちゃんの期待を裏切ってしまいました。消費増税は、自分達の身を切ることから始めないと絶対に出来ません。消費税を上げるには、その方が早道なのにね。

↓クリック
財務省のマインドコントロール


s-IMG_1306公務員改革

わずか8人の政党もまとめられない亀井静香 ! 

年寄りの意気込み亀井さん、好意的に見てあげたいけどなー、俺も年寄りだから ! 

5月中旬には「石原新党」で一大勢力を創るという亀井静香?
橋下大阪市長、石原都知事、愛知の大村知事‥‥知事連合が国政で第三局として大きな勢力になれるのかどうか?亀井さん本人は「自社さ政権を作ったのは俺だ」という自負がある。今度も「石原新党で政界再編」の意気込みは見える。亀井さんがアリの一穴を開けられるのか? 簡単ではない ! 
 
もう、民・自・公では何も決められないし、何も改革など出来ない。国民が政界の変化を求めているのは間違いない。

s-IMG_0928亀井静香
(返済猶予法案の時はまだ破壊力はあった、二年半前)


«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード