FC2ブログ

2012-03

中国破綻はあるのか?妙に気になるこのnevadaブログ

以前からnevadaレポートはよく読んでいた。
時が過ぎてみると本質を突いている場合が多かった。要するによく当たるレポートだった。

最近はnevadaブログとして公開されているが内容は暗い。
でも、妙に気になる、説得力があるのだ。

中国の破綻はあるのか? バブル崩壊、権力闘争、最悪の場合は内戦も、そうなれば世界は大混乱に陥る

↓クリック
nevadaブログ

電力値上げはどうなってるんだ ! 

東京電力に電話しました。「値上げはどうなってるんだ?」

今回、値上げの対象になるのは東京電力との契約が50KW以上の契約の場合です。
但し、契約が50KW以下でも、高圧契約なら値上げの対象になる場合があるらしいので、各社で、東京電力に問い合わせするしかありません。

『別に値上げ拒否の電話をしなくても、契約期間内は上がりません。でも新しい契約日(我が社7月12日)より17% 値上げさせていただきます』。我が社では現在50KW以上の契約で、電気代は40万円(月当たり)払っています。従って40万円×0.17=68.000円/月の負担増になります。1年間では816.000円 の負担増です。

値上げはいやだから関西電力と契約するわけにもいかず泣き寝入りしかありません。
拒否すれば「50日後には電気を止める」なんてニュースもあります。カリカリだね。

この電気料金について「独占禁止法」はどうなっているのかねー?
一般会社の取引については、公正取引委員会からちょくちょく調査があるけど、この電力会社と独占禁止法についての考察はどうなのか、公正取引委員会の考えを聞いたことがないね。

独占電力会社、原発のこと、時が流れて、いろんなことが明らかになっていきます。

それにしても東電の社長達の年収は東電がこうなるまで8.000万円だった、AIJの社長の年収は7.000万円だった。いろんな世界があるんだねー 

「A I J 」 に天下っていた官僚たち

 明らかになったのは、まるで毛細血管のように官僚の天下り先が張り巡らされている実態だ。
投資顧問会社 AIJ が預かっていた二千億円近い企業年金資産が消えた問題は、厚生年金基金に大量に天下りしていた旧社会保険庁のOB人脈が背景に浮き上がってきている。

 厚生労働省によると、2009年当時、614の厚生年金基金があり、その三分の二近くの399基金の理事などに646人の社会保険庁OBがなどが天下っていた。

 資金運用の素人たちに「指定席」が数多く用意されていたのだ。OBの一人は、AIJ の実績拡大に深くかかわっていた。かっての社会保険庁の人脈を通じ、高い利回りをうたう AIJ の運用委託を勧め、被害を拡大させた。構造的な天下りによる「人災」と言ったら、言い過ぎろうか?

 政府は、2013年度の国家公務員の新規採用数を政権交代前の2009年に比べて、四割削減する方針を決めた。
消費税率を上げる前に、行政改革に取り組む政府の姿勢をアピールする狙いからだ。

 ここでも犠牲になるのは若い人達である。就職氷河期が続く中、国家公務員は一層の「狭き門」になる。パフォーマンスの陰で多くの学生が泣いている。

 基金の運用に失敗しても、天下り官僚は公務員の共済年金から年金を受取る。恵まれた老後ではないか。学生を苦しめる前に、政府にやるべきことがあるだろうに。

(東京新聞「筆洗」)から

«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード