2011-10

脳梗塞、その後

脳梗塞で入院したのが6月11日、あれから4ヶ月半。
別に、どうってことはありませんが、なんとなく、疲れるような気がするのです
腰も完全ではありません。最近、肩もこる。膝もガクガクする。

「こういうのは案外温泉が効くんですよ」と近くのお医者さんがおっしゃるのです
草津温泉に1ヶ月も湯治に行ければいいんですけど、日常の生活がありますので、なかなかそうもいきません

だから、近くのラドン温泉にマメに通いたいと思っています。
ゴルフはハーフプレーがいいと思います。それにしても、ゴルフ場も温泉も年寄りばっかり。
どうなるのでしょうね、この日本

月、日、は流れていくのです

円高は良いことなのか、悪いことなのか? (Ⅱ)

さらに円高性善説では、円高で日本人の資産が増えると考えられるのかもしれない。よく日本の個人金融資産残高は約1500兆円であると誇らしげに言われる。しかし、この数字は1990年代に伸び率が鈍化し、2006年をピークに減少している。要因は複合的としても、所得が伸びず投資活動も停滞し、デフレで名目金利が低い状態で資産が増えるわけがない。

 もちろん、日本がデフレを脱却して雇用と所得を回復し、失業率を下げた後で円高が起きることはありうる。しかしそれで「円高が望ましい」ということにはならない。通貨が高いことはよいこととは限らないのである。

★円高は更に進んでいます
どこで落ち着くのでしょうかね

円高は良いことなのか悪いことなのか? (Ⅰ)

「円高性善説」への疑問 (日経新聞 大機・小機)

円高肯定論者は根強い。なかでも一国の通貨が高くなるのは悪いわけではないという「円高性善説」は根強い。この主張には疑問がある。一般的に、あるモノの価値が高ければ高いほどよいということはないからだ。

 第一次世界大戦後の英国は、実勢レートより切り上げて金本位制に復帰し不況に陥った。
ケインズがこの政策に真っ向から反対したのはよく知られている。

 第二次大戦後の日本では、1ドル=360円の固定レートが続いた。このレートは円を過小評価していたという。日本の高度経済成長はこの過小評価された円のもとで実現された。1971年のニクソンショックを日本はうまく切り抜けたというが、そのとき、実質経済成長率は高度成長時の半分以下に切り下がった。高度成長終焉(しゅうえん)については各種の仮説があるものの、円高がよかったとはいえないだろう。」

 プラザ合意後の円高については、その直後に円高不況がやってきたことを忘れてはならない。それが軽微に済んだのは金融政策を緩和したからだ。もちろんそれが後のバブル経済を招いたという批判はある。しかし、それも元々はわざわざ円高を目指したことに始まっている。円高がよかったとはいえないだろう。

 あるいは円高性善説では、今の円高が日本の実力を反映しているというのかもしれない。実力と言う言葉は曖昧だが、この考えが正しいならば、日本の実力は現在世界最高水準ということになる。しかし、少なくともマクロ経済の指標で見る限り、ここ20年あまりの成果は振るわない。やや景気が回復した2002年~2007年の次期は円安の時期であった。円高がよかったとはいえないだろう。(続く)

今日は菊花賞(2011・10・23日曜日)

今日の菊花賞は
14番「オルフェーブル」が三冠なるかが最大の焦点
今日は「14番オルフェーブル」で 単・複 勝負。

単勝(一着)で 100万円、複勝(三着まで)で 1.000万円。
 
賭けたつもりでテレビで楽しみます
――――――――――――――――
結果‥‥オルフェーブル三冠達成

単勝オッズは1.4倍、100万円賭けたので配当は140万円でした。
複勝は1.1倍。複勝に1千万円賭けたので配当は1.100万円。

★菊花賞は140万円儲かりました。
そのつもりで晩酌を美味しくいただきました

浅草ビューホテルのサービスイベント!!

昨日は友達夫婦が田舎から出てきました。
私達夫婦と4人で東京遊々ぶらり旅
「鈴本演芸場」で落語を聞いて、浅草をぶらぶら。
疲れたところで浅草ビューホテルに到着、予定のディナー(夕食)で盛り上がりました
浅草ビューホテルでは、近くのスカイツリーの高さにちなんで一泊ディナー付きで、6340円の大サービス実施中

但し、今まで宿泊実績のある人にだけサービス券が届くそうです。
11月いっぱいまで。
年金生活の友は、こういうのを見つけてくる天才なのです。

楽しい1日を過ごした「爺」と「婆」でした

なんとかして小沢を追放したい‥マスコミ、官僚、自民党

全国土地改良事業団体連合会の会長は野中広務氏、小沢の天敵みたいな人。

その予算を小沢が幹事長のとき、政府に働きかけて、63%減らして2129億円にした。
自民党の利権を一つ一つ、つぶしていこうという小沢の見え見えの作戦で公言もしていたのだ。

ところが、小沢が座敷牢に閉じ込められている間に、それが早速増額に転じている。
3~4割増しの2950億円が計上されている。仙石氏と野中氏は近い。

小沢が既得権益つぶしを狙ったその標的は、自民党だけではない。マスコミも官僚もその視野にある。

そりやー、なんとかして小沢を追放したい、現体制で恵まれた人達はそう思うわなー !

もうこの国はぬるま湯に漬かったドジョウや蛙、段々熱くなって、茹で上がるまで、気が付かない

国民のレベル以上の政治はできないのだからしようがないよね


病気は仰山にしろ‥(大聖寺「暁仙和尚」)

昨日は関越道の花園インター近く「岡部チサンカントリークラブ」。
取引先の協力会、30名のコンペでした

成績は 44、44 で三位、まあまあなのですが、体力がすっかり落ちました。
飛距離もそうですが、終わった後の疲れが今までにも増してひどいのです

腰が痛い、膝が痛い、50肩、右手親指の突き指、‥‥‥
「年をとるということはこういうことなんだなー」、複雑な思いで家路につきました

今年中はゴルフは無理と思っていたけどなんとかやれた。それで良いじゃないか!
自分で自分をなぐさめております。70歳、季節は秋。

小沢君の4億円のこと、考え始めると眠れなくなる ! 

元々、小沢君が出した金は4億円。

小沢の名前を出さないで、「銀行からの借入れ4億円」と記載していたのならおかしいと云えるだろう。
でも、政治資金収支報告書には「小沢からの借り入れ4億円」とちやんと書いてある。
それなのにどうして“隠す意図があった”と解釈するのだろう。

新聞・テレビがこれを指摘しないのは本当におかしいと思う

弘中弁護士はおっしゃるのだ。
「これはもう漫画みたいな話なんです」

これを考え始めると眠れなくなるんです

s-IMG_13274億円借り入れ

腰を痛めてしまって当分ゴルフは無理

昨日は白石社長から急遽、ゴルフに誘われて茨城の勝田ゴルフクラブに行ったのです
那珂湊の海岸から比較的近いところにあるゴルフ場ですが、津波の被害もなくて、きれいに整備されていました
“にぎり”をたくさんいただきましたので気分良く風呂に入ろうとロッカーに行ったのです。
ところが、ロッカーの椅子から立ち上がるとき、腰をひねってしまって、ギックリ腰とまではいきませんけれども、腰を痛めてしまいました
もういやですね。この前は駅の階段で転びそうになるし。これじゃー当分ゴルフもできません。

70歳の秋。

しようがない。これからは麻雀で稼ぎますよ、田島常務 !

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード