2011-04

結局、日本は外圧でしか変われないのか ?

日本はどうして原発事故を防げなかったのか?
今日の東京新聞(2011・04・22)では「志賀原発差し止め」の判決を出した金沢地裁の元裁判長のインタビュー記事が載っている。

津波で冷却装置が喪失する危険性に警鐘を鳴らした学者や議員の意見は葬り去られてしまった。
この原因は何なのか、やっぱり日本社会の意思決定システムがダメということ?
これを教訓にして日本は変われるのだろうか?
大向こうを唸らすような記事にはまだお目にかかれない。

古い家を壊さなければ新しい家は建たない。古い家を壊すことに頑強に抵抗する人達がいる。
昔から言われているように外圧でしか日本は変われないのかねー。

(2011・04・22)

「80キロまで退避せよ」というアメリカ政府が正しかった?

菅首相が「福島原発周辺はこれから10年も20年も住めない土地になるかも」と言ったことで批判が集中したけど本当のことを言って何が悪いという気がしてきた。全くのデタラメを言ったわけではない。

海、山、川、土地、水も、すっかり汚されてしまった原発周辺。これはもう恐ろしいことだ。6ヶ月~9ヶ月で帰宅できるという工程表をそのまま信じる気持ちにはとてもなれない。

チェルノブイルの原発事故から25年経ったいまでも周辺30キロは無人の土地になっているという。立ち入り禁止になっているというのだ。福島原発周辺の放射線量はチェルノブイルと比べればはるかに少ないとはいうものの、2年や3年で元通りになるとは思えない。

アメリカ政府がすかさず「80キロ圏外に退避」という指示を出したと聞いた時には“大げさな”とせせら笑ったけど、やっぱりアメリカの方が正しかったのではないかと自分の不明を恥じてしまう。

皆さんを脅かしたくはないけど、ネット上のいろんな情報に接する度に、何か恐ろしさが増してきてしまうのだ。放射能という目に見えない悪魔が子供たちにどんな悪さをするのか、やっぱり心配なんです。私たち、爺と婆はいいんだよ。どうせそのうちに旅立ちますから。心配なのは子供達、孫達のこと。これは「日本の危機」というのは言い過ぎなのだろうか?

政治は日本の総力戦の体制になっていないではないか。政権を批判すれば政局をやってると非難を受ける。日本は総すくみだ。中小企業の社長達の悲鳴が聞こえてくる。

                         クリック
              80キロまで避難せよという諸外国



こちら中小零細製造業

3月11日(金)午後2時46分、東北地方に大地震が来て、その後大津波襲来。東京以北は大きな痛手を被りました。工場が“めちゃくちゃ”になって、製品の出荷ができなくなった仕入先もあります。お世話になっている取引先の課長がご両親を亡くされました。お気の毒です。何とおなぐさめしたらいいのか僕にはわかりません。時の流れが悲しみを和らげてくれるとしか言いようがありません。

あれから仕事は 急増→激減→正常、なんとか落ち着きを取り戻しております。業界団体を通じて中小企業庁などから指導、お勧めがあります“雇用安定化助成金”の申請はしなくてすみそうです。

材料についても特殊な樹脂材料の入荷が止まっていますが、汎用材料は遅れ気味ではありますが、ほぼ問題はありません。材料メーカーも懸命の努力が続いているようでございます。日が経つにつれて正常化されていくものと思われます。




ただ、原発の話しになると本当に情けなくなります。歴代東電の社長達、どうしてチリ級津波で冷却装置が壊滅する危険があるという指摘に耳を傾けなかったのか?20メートル級の防波堤を事前につくることなど10億円もかからなかったろうに。

そりゃー、歴代社長達は言い訳をするだろう。安全委員会や保安員の指導にちゃんと従ってきた。政府の指針もきちんと守ってきたと。それだからといって一旦事故を起こせば安全委員会は責任をとってくれません。社会も「それでは仕方がない」などとは言いません。企業の栄枯盛衰は全て社長の決断にかかっている(財部誠一)。

会社がうまくいく、うまくいかない、それは全部社長の責任なんです。中小も大企業も同じです。



             やっと桜が咲いたというのに心の底から笑えないのです。
           s-IMG_1265玉造GC

ぶっ掛けた海水はどこへいくの?

あれだけ原発へ海水をぶっかけたらその海水はどこへいくの?
毎日何十トンという海水。その海水は放射能を含まされてまた海へ返るしかない。そんなことは誰が考えてもそうなる(4月11日のテレビタックルから)。一旦、浮遊体の空間に溜めるというが、それはもう「泥棒を捕まえて縄をなう」類(たぐい)の話しだ。その水はいずれ自然界に放出される。

今年の海水浴場は全滅だね。小さい子供を連れて海水浴に行く気になるかね。太平洋側はもちろんだが、日本海側だってやっぱり海へ入るのは尻込みするよね。これは風評被害の話しではない。心理学だ。

旅行業界、完全に外国人にそっぽを向かれた。遊ぶところはどこもここも超閑散。

これからの日本の景気はどういう奇跡をたどるのか?どうなるのか、本当に心配だ。
ただ、IMFの見通しは絶望的ではない。少し救われる思いだ。
 
                 クリック
            経済の見通し(IMF)


チェーンメールはダメ、でも危険を知らせる情報は必要です。

チェーンメールとは、連続的に不特定多数への配布をするよう求めるメールのことです。

そんなものは無視して転送しなければ良いだけのことです。ただ内容が優れていて、友人に転送したい情報であれば転送しても良いけど、その友人にさらに何人かの人に転送してくれというようなことを書いてはいけません。それがチェーンメールと言われるものです。そんなことをしたら嫌われます。

ただ、僕はチェーンメールが来てもちっとも腹が立ちません。危険を知らせる情報に接したら、僕自身でそれが真実かどうかを判断すれば良いだけのこと。そんなことに一々目くじらを立てることでもありません。

逆に、「安全だ、安全だ」と安全神話をテレビで流す東電とか政府とかの方がよっぽど気がかりです。「危険だから雨にぬれないで」というメールなら仮に嘘であっても被害はない。「安全だ、安全だ」と言われて安全でなかった時の方がよっぽど危険だ。福島第一原発が「再臨界」で「大爆発する」?、これは過激な嘘であって欲しいけど、「安全だ、安全だ」と言ってた原発がこうなってしまった今、100%嘘と言い切れるのか?僕にはわからない。そうならないように祈るのみだ。

二~三年前からチェーンメールでも何でもよいから世論を盛り上げて福島原発の危険性を問題にすれば良かったのだ。共産党は東電の社長宛にすばり申し入れをしていたし、国会でも再三、取り上げている。でもね、安全委員とか保安院とか政治家も国民も、そんなことを言う共産党を無視してきた。僕は共産党員ではありませんが。

この原発問題は、日本が世界中から避難を浴びせかけられるようなマターになっている。どうしてこんなことになったのか、この日本が。腹立たしいよ、くやしいよ。


                   クリック
             チェーンメールの定義

                   クリック
     国会でも取り上げられていた福島原発への不安


ねー、また あそぼ あそぼ

高校の同窓会のゴルフは中止、銀行の協力会のコンペも中止、ゴム業界のコンペも中止。
町内会の旅行も中止、花見も中止、ぜんぶ取り止め。


こんなんで良いのかな?ゴルフ場は大変だよ。このままでは潰れるコースが続出するかも?
第一、こんなに閑散としたゴルフ場じゃー 従業員の給料も払えなくなる。

旅行業界、ホテル、外国人のキャンセルが続出したという。長崎のハウステンボスまで客が激減しているというのだ。夏の海水浴場の閑散も心配される。

こんなんじゃだめだ。国民みんな、余裕のある人達は「あそぼ、あそぼ」。花見自粛?石原都知事が間違ってる。
こんなことが続いたら、我々中小企業はどうすんだよ。仕事が無くなっちゃうじゃないか !

仕事量が超繁忙から一転激減 !

地震の後の超繁忙が終わって、次にきたものは超閑散。仕事が激減しました。特に自動車部品は受注ゼロ。

今のところ、建材部品でなんとか定時間勤務を維持しておりますが、これからどうなることやら。

「雇用安定化資金」の申請は面倒くさいし通常賃金の6割まで。しかも上限が日当7.000円とか?

こういう状態が2~3ケ月も続くのかなー、野田社長。

石油ショックの時は気が動転したけど、今回の激変はあの時の比ではないですね。

この年になってこんな経験をするなんて。


今日は取引先の方と情報交換も兼ねて近くのゴルフ場でプレーです。

天気はやっと暖かくなりました。

これは運だけではない?経営者の器量?

東電はこれからどうなっていくのか?熊本のチッソの例と同じになるのだろうか。

同じ津波に襲われた「女川原発」は、ちゃんとチェック機能が働いて世間様に大迷惑をかけることはなかった。

女川原発では、近くの地震被災者250人を原発内の避難部屋に寝泊りさせて食事も出しているという。

これは経営者の運だけではない、やっぱり総合力とか、器量とか、考えさせられてしまう。

いずれにしろ、その会社の運命を決するのは、全部、社長の決断、社長の責任、肝に銘じておくことだ。

歴代政府の責任は重い、でもやっぱり東電の歴代社長の責任が一番重い。

富田勲君(高校の同級生)が天国に召されました ! 

母校は熊本県立済々黌(セイセイコウ)高等学校、昭和35年卒業。富田勲君。
母校が好きで好きで同窓会活動にとても熱心に取り組んでくれました。大酒のみ、ゴルフは口だけ、この点は俺に似てた。その富田君があの世へ旅立ったのです。闘病生活二年。享年69歳。あと、20年もしたら俺も行くから。

最後は世田谷の大資産家の後継者として辣腕を振るいました。何不自由ない老後が待っていたのですが天国に召されたのです。合掌です。(2011・03・31 等々力駅前の満願寺でお通夜)。


              CAS6YKU9富田勲4



«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード