2010-11

時が流れて、本当のことがわかるのです ! ! !

郵政の金300兆円をアメリカの銀行へ投資せよと言っていた竹中さん。でも竹中さん、郵政の金をアメリカの銀行へ投資したら日本の国債は誰が買うのですか?そしてもし、そんなことをしていたら、リーマンショックで郵政の金300兆円はパーになるところでしたよね。

アメリカの銀行へ投資するくらいなら、その十分の一で良い。日本の株式市場へ投入すればいい。アナウンス効果だけで日経平均は3000円は上がる。

株が上がれば個人消費は必ず増える。景気はよくなる。そんな発想が出来る政治家はもういない。竹中さんの天敵・亀井さんでさえ聞いてくれないんだよ、もーっ ! ! !

株を買うなら11月末(紅葉のころ)、売るのは4月末(葉桜のころ)

株を買うならその時期は紅葉真っ盛りのころ、売るのは桜の花が散って葉桜のころ(4月後半)。どういうわけかその傾向は顕著。過去30年の統計から、これを守れば80%の確率で成功するという。今年もまた例外ではないかもしれない?

オバマ民主党の大敗でアメリカは超金融緩和の時代に移った。その投資マネーが世界的に出遅れ感の強い日本株を押し上げ始めたのです。今日から、来年の桜の花が散るころまで、注目です。私はべつに証券会社の営業マンではありません。何事も、投資話は自己責任でどうぞ。

来年は大型景気がやってくる、今年、一年中見た、私の夢物語り。

                            クリック
                      ニューヨークも上げる


         s-IMG_1185日経新聞


電子タバコが本屋さんで売られています。

ねー、知ってた?
電子タバコが“書籍に見せかけた荷姿”で本屋さんで売られているんだって。

そしてそれが大うけだってよ。液体を蒸気にして吸うんだって。ニコチンなし。

僕は関係ない。18歳~38歳まで吸ったけど、38歳で禁煙に成功。
それからタバコとは縁がない。さっぱりしていい。吸おうとは思わない。

禁煙のコツ‥自分を徹底的にいじめる、 そしてそれに耐える自分を見つめる。


                      クリック
              「電子タバコ」大うけのニュース


今日は湯河原で勉強会

2010・11・17(水)は湯河原で一泊、業界の勉強会です。午後からみっちり。
凄腕ビジネスマン・T専務理事が切り盛りしています。

そして、18日(明日)は湯河原カンツリークラブでゴルフです。

湯河原、熱海は近くなりましたねー。なにも東京から新幹線で行くこともない。
東京駅から快速「アクティー」でグリーン車が快適です。

                  クリック
             山翠楼(奥湯河原)


何でさっさと公開しなかったのか?

尖閣での中国漁船衝突問題のこと。

何で、菅内閣はさっさと全面公開をしなかったのかね?全部、世界にさらけ出せば良かったのに。
国会での議論を聞いてるといろんな理屈を付けていまだに公開を渋っている。

政府が出せないという映像をYouTube(ユーチューブ)で誰かが公開してしまった。
神戸の漫画喫茶のパソコンから投稿されたという。ただ、8時間分のうち、公開されたのは45分だけという。

「海に落ちた保安官を中国側が槍で突付いた」というとんでもない映像が映っているから公開できないという噂もあるけど、あんまり公開を拒否されると、もしかしてこの噂は本当かなと思ってしまう。

菅政権への支持はどんどん下がっていく。
                 
                          クリック
                    YouTube漁船衝突動画

         s-IMG_1184尖閣衝突



熊本のラーメン「桂花」が倒産

会社を長く継続していくのは大変なんだよね。故郷のラーメンチェーン店「桂花」が倒産。民事再生法で再建を目指すという。ラーメン店は新規出店も多く、競争激化が続いている。桂花もそれで売り上げの低迷が続いていた。自社のブランドに甘えていたところはなかったのか?それとも手を広げ過ぎた?

7年前に我が社の得意先A社が倒産した。そのときの未回収金額が400万円だった。
民事再生法が適用されたので、その400万円の4割の160万円を十年の均等払いで回収中。残りの240万円の債権は放棄させられた。ようするにパー。

そのうちに、A社は一部上場のしっかりした会社の子会社になったので現在は安心して取引きしているけれども、仕入先には売り上げの6割を放棄させておいて、経営陣がそのままというのも、引っかけられた当事者としては腹に据えかねる法律だよね。

でも、なんとか会社を継続して欲しいというのが民事再生法の趣旨。熊本のラーメン店・桂花への納入業者も大変だろうけれども、桂花はなんとか再建に成功して欲しいと思う。故郷・熊本で暮らしていたころ、こよなく愛した、桂花ラーメン。

                            クリック
                熊本のラーメン「桂花」が民事再生法申請


検察審査会は本当に「民の声」なのか

検察審査会の議決が「民の声」だとして、もてはやされています。しかし、私は本当に「民の声」にするためには審査会を公開にしなければならないと思います。

 司法にも市民感覚を反映させる、という趣旨では、裁判員制度と共通しています。
しかし、裁判員裁判は公判という公開の場があり、判決後に、裁判員が義務ではないにせよ会見してテレビカメラの前で感想を述べているのに対して、検察審査会はどのように開催され、どのように審査されたか、国民に全く明らかにされません。審査員が国民の前に姿を現すことも、感想を述べることもほとんどなく、秘密のベールに包まれています。

 審査員は国民の耳目を意識することがないために、強い責任を感じることも緊張感を強いられることもなく、自由に考え判断できるのかもしれません。しかし、それが「嫌疑は不十分でも黒白は裁判で」という安易な考え方を生むのではないでしょうか。

 検察審査会を公開することによって、審査員は自らの責任と国民の思いを意識して、より周到に考え、慎重に判断すると思います。それでこそ「民の声」といえるのではないでしょうか。公開へ向け早急な取り組みが必要です。
         (2010・10・31 朝日新聞「声」の欄より)


«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード