2010-02

浅田真央とキム・ヨナ

浅田真央とキム・ヨナ、ショートプログラム。

何で4.72点も差が付いたのかさっぱり判らないと言う「みのもんた」。
そうかねー?僕は見ていてすぐ判った。キムヨナの勝ちということ。

浅田真央は硬かった。のびのび、躍動感‥‥キムヨナに負けていた。

僕は日本人です。浅田真央を応援しています。フリーの演技ではがんばれ浅田真央。
でも、キム・ヨナがミスしないと真央ちゃんは勝てないよね。キム・ヨナのミス待ち。

考えが不純かもしれない。でもそれが真実。やっぱりキムヨナの実力が一枚上という気がした。
次の四年間をどう過ごすか?どうやって追い越すのか?四年間は長い。ぼちぼち行くかね。

二人は19歳、二人ともすばらしいですね。あのころ俺は何をやっていたかと思うと?

           imageキムヨナ image浅田真央

                s-20100227085358143浅田真央3

第16回、昭和35年卒業、熊本県内の高校対抗ゴルフ戦(再掲載)

          去年のこと。時はどんどん過ぎて行きます。

2009・06・03(水) 天気は曇り
出場高校は 済々黌高校、鎮西高校、熊本高校、熊本工業高校、熊本商業高校、九州女学院、人吉高校、尚絅高校(女子高)、天草高校、第一高校。

場所は「霞ヶ浦国際ゴルフクラブ」(常磐道 桜土浦インターからすぐ)。

団体優勝は熊本工業高校、個人優勝は腕自慢の川野君(熊本工業高校)で41・43。準優勝は天草高校。パーテーが終わって優勝高校が大声で「校歌斉唱」、楽しそうだった。ちなみに、私の成績は(46・46)で43名中13位。飛距離が回復してきた。パターが上手になれば優勝を狙える。まだまだ発展途上。

全員67歳~68歳、高校を卒業して来年は50周年です。各高校ともいろんなイベントが計画されているそうです。

パートナーの高比良君(天草高校)がしみじみと言う。「島を出たときは、橋もない、本土へは船で渡って来た。田舎で仕事はなく、単身都会へ出てきた。寂しさと不安は極限」「当時を振り返れば、茨城でゴルフが出来るようになろうとは思わなかった」。「よくぞここまで生き抜いてきた」‥‥高比良君は事業で立派に成功しています。昭和16年生まれ、68歳。それぞれの人生。‥‥「俺だって同じたい、慰め合ってゴルフ」。

                  優勝の熊本工業高校・校歌斉唱
    s-IMG_0833熊工優勝 09・06・03


          s-天校
                 (準優勝天草高校‥田舎もんは強かばい)


小沢有罪は100%ありません

2010・02・01 投稿分


よく「贈収賄罪とか斡旋利得罪で逮捕される」という人達がいますがその可能性は100%ありません。
当時小沢さんは自由党から民主党に移ったころです。そのころ野党でした。だから「職務権限」がありませんでした。よって贈収賄罪で逮捕されるということは100%ありません。

また「斡旋利得罪」は公務員に働きかけて口利きをして報酬を得ることです。国家公務員のことが一切出てこないのに斡旋利得罪など適用できるはずがありません。また、斡旋利得罪の時効は5年です。

2010年2月4日に小沢君が逮捕されるという人もいますがそれはないのです。国会議員には不逮捕特権というものがあって国会開会中は有無を言わせず逮捕なんてできないのです。逮捕許諾請求を国会に出して国会の承認が必要です。だからある日突然呼び出されて逮捕、小菅に勾留なんてありません。

起訴されるとすればどんな罪でしょうか?贈収賄罪や斡旋利得罪での可能性はありません。残るのは「政治資金規正法違反」だけです。2004年10月29日に秘書達の寮として不動産を買いました。それを2004年の収支報告書に記載しませんでした。2005年に登記をしましたので2005年の収支報告書に記載しました。これが政治資金規正法違反といわれる理由です。それと、購入するとき小沢氏個人の金4億円を2004年に立て替えてもらった。それは2007年に返しました。このことも記載しておりません。でも、これだけでは、せいぜい起訴は秘書達だけ。検察が小沢本人を有罪に持っていける可能性は極めて低いというのがやめ検達の大勢です。そこで検察は水谷建設からの裏献金の調査に必死になっています。

2004年10月に5千万、2005年5月に5千万を小沢君の秘書達に渡したという水谷建設の元幹部の証言があります。検察はこれに喰らい付いてなんとか証拠を握りたいと必死です。でも、角栄裁判を見続けてきた小沢君が、そんな金を受取るということは考えられません。秘書達が、小沢の承諾なしに勝手に受取ってポッケに入れたとか、資金繰りの中に入れたとか、そんなことができるような小さな金額でもない。そんなことなら50人体制の検察の捜査ですぐばれること。ここでも検察は苦戦、真っ青ではないか。

週刊誌(文芸春秋)によれば検察の狙いは脱税での小沢逮捕ということですが、僕はその可能性もないと思います。2004年10月に水谷建設からもし小沢君個人に5千万円が渡っていたことが立証されたとしても、その時効は2010年の3月15日です。確定申告の日から起算して5年だそうです。だから2010年3月15日が過ぎれば脱税での逮捕はありません。もうすぐ3月15日です。すぐわかることです。

検察が小沢不起訴を発表する日はそう遠くないというのが私の見方です。時が過ぎてわかることです。

                (2010・02・01 投稿分)

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード