2009-10

南田洋子さん逝く( 2009年10月21日)76歳

人は

老いること  病気になること  死ぬこと


そこから逃れることはできません。悲しいことだけど。

            image南田洋子


政府与党が「返済猶予法案」提出へ

『政府与党は臨時国会に「貸し渋り・貸しはがし対策法案」を提出する。メガバンクが中小・零細企業向け融資を絞っていることに政治主導で対応する。

 モラトリアム(返済猶予)。亀井静香・金融担当相の「言葉」の力はすごかった。経済学者は関東大震災後のモラトリアムを想起し、資本主義の枠組みを逸脱していると気色ばんだ。

役者は亀井氏の方が上だった。当初から強権発動的な表現は避け、法案も債務者からの申し出を受け銀行が融資条件の変更に努める方向だ。債務に政府保証をつけて、銀行の不良債権増加も防ぐ』。

                          ↑
               日本経済新聞(2009・10・20夕刊2面)


―――――――――――――――――――――――――――――――――

役者が一枚も二枚も上だった亀井金融担当相。すごーい。中小零細企業にとってはこれほど有り難い政策はない。借金を返すためにまた借金‥‥少なくともそういうことはしなくてすむ。

土地代と設備費で1億8千万円の融資を受けたとします。20年返済、月々の返済は元本が75万円金利分が45万円。その元本の返済75万円を3年間は猶予するという契約に変更できるというのです。

今までは1億8千万円を返すためにまた追加の融資を受けて対応していくしか方法がなかった。3千万円の追加融資を受ければ残高は2億1千万円。借金は増えるし、毎月の返済は二重になるし、金利も二重払い。

〇〇信用金庫の近藤支店長は私の主張に賛成してくれた理解者の一人。支店長、ちゃんと見てる。
借り手側(私)の申し出により、最高3年間、返済を猶予してもらえる法案を臨時国会であげるというのだ。今まではそれをやったら金融庁の検査マニアルに引っかかった。不良債権の烙印を押されて倒産予備軍の扱いにされた。金融庁は金融機関に破綻に備えた積み立てを強要した。

中小零細のために亀井さんはすばらしい働きをした。こんなに政治に感動したことはない。

           s-IMG_0928亀井静香

                             クリック
                      雨の日には傘を(亀井静香)


猫の運命‥‥幸せになった

江戸川の河川敷に猫が捨てられていました。
柳の木の下で雨・露をしのいで、散歩の人達がくれる餌さで生きていました。
飼い猫だったのでしょう。人なつっこくて擦り寄ってきます。
「台風がきて川が増水したらどうするんだろうなー」と考えたりしていました。

孫たちがそれを見て「爺、この猫可哀そうだよ。家で飼ってあげようよ」。初めは「ダメだ」と拒否していたのですが、せがまれてとうとう家に連れてきてしまいました。

いまや、我が家で我がもの顔の振る舞い。僕の布団の上で寝ていることもあります。幸せそうです。シャッターの中の土間には犬(コタロー)と野良猫のシロがくっついて寝ています。これ以上増えないようにしなくちゃと思っているのですが。特に、猫を外に放すと近所の迷惑にもなりますしね。

でもね、やせこけた野良猫を見るとつい可哀そうになるのです。困ったもんだ。



           s-IMG_0957チャチャ2


           s-IMG_0955コタロウ


ハローワークへ行ってきました

ちょっとした新しい仕事の受注に成功しました。そのための機械を設備しました。機械というのはありがたいものでほとんど機械がやってくれます。でもやっぱり人手がゼロというわけにはいきません。男手一人と女手一人を契約社員(正社員への道あり)として採用しようと思ってハローワークに行きました。

困りましたねー。男女の明示をしてはいけないし、年齢制限を書いてはいけないと云うのです。
男性を募集とか女性を募集とか書けない。年齢も書けない。不便ですねー。

十数年前には近所の銀行の掲示板に募集の張り紙を出すと、団地の奥様方がたくさん応募してくれました。今も、その女性のパートさん達が大きな戦力になってくれています。ところがその方法も禁止されました。銀行に聞いたら当局のお達しだとおっしゃる。

現在はハローワークと広告会社の募集広告に載せて募集しています。募集広告は一番小さな升目でも65.000円はかかります。それでもその効果は銀行の掲示板にはかないませんね。どうして掲示板に募集広告を出すことを禁止したのですかねー?そういえば人材募集という駅の掲示板も無くなりましたね。長妻大臣。

ハローワークは混雑していました。ハローワークでの感想。「ヒゲおやじ」や「頭もじゃもじゃ」、服装もまともでない、そんな人が多い。あれじゃどうしようもないね。服装、身だしなみ、それ相応にしなくちゃね。それ相応の努力はしないとね‥‥‥。会社側も同じ。ちゃんとした職場作り。


        s-IMG_0952明るい職場




日本は本当に財政危機なの?

日本は本当に財政危機なのかねー。政治の世界のお偉いさんにはそんな危機感は全然ないのではないか?ダム建設途中のものが143箇所もあるという。

オリンピックの誘致運動に150億円を使う能天気さ。
石原都知事の宿泊した部屋は一泊 10万円 だという。そして過去のオリンンピック選手達を大勢連れて行ってのプレゼンテーション、彼らが着ていたユニフォームは一着 30万円 だというのだ。うんざりだね。

税務署は俺んちの伝票を一枚々ひっくり返して「ああだこうだ」とイチャモンをつけては税金を盗っていくのに、政治の側は無駄使いばっか。もうほんとに、納税意欲が薄れてしまうよ。それにしても日本国民はおとなしいね。

下の写真は法人会から送られてきた小冊子。法人会は税務署の下請けみたいなもの。そりゃーもう、とうちゃんかあちゃんの零細企業まで会員にして法人会を指導・監督。税金の徴収に役立てている。見事なものだ。社会保険庁とは雲泥の差。だから、厚生年金や国民年金の保険料も税務署でやれというのが僕の主張。民主党の歳入庁に賛成なのだ。

けど、いろんな助成金があるもんだねー。小泉・竹中路線はいったい何をやってきたのかねー?こんなのは全部なくしてしまえばいい。助成金をもらおうとすれば現実離れした面倒な書類を書かされるし、それを査定する官僚(審議官)が大勢必要。それである政策の方向へ導こうとしているのだろうけれども、助成金をばらまいたからってその効果には疑問をもつ。例えば、一時の助成金がもらえるからといって、60歳以上の人を雇用するかねー?

自公政権は日本の財政危機を口では「ああだこうだ」と云ってたけれども、本気で心配していたとは思えないね。自公政権では絶対に出来なかったことをやり切れるのか民主党?民主党政権への支持率は高い。国民の期待は大きいということだ。四年後の日本はどうなっているのだろうかねー。


             s-IMG_0937_1助成金



«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード