2009-07

「天下りのはしご」本当にひどい。当事者達は恥ずかしくないのかね‥‥。

国家財政の無駄は天下りだけではない。いろんなところに無駄があります。全部一つ一つ洗いなおせばビックリするほど出てくるでしょう。民主党政権でできるかどうか?それが問題だ。

★60歳の定年制度を65歳に替えると助成金がもらえます。
就業規則で定年は65歳であるということを明記します。そして現実に61歳以上の従業員が2名以上いること。(61歳以上の従業員は正社員でなくてもOKです。嘱託でも良いのです)

我が社は1年間に90万円の助成金をもらっています。ただし五年間もらうと打ち切りです。

ハローワークの窓口で聞けば教えてくれます。または労務士さんがやってくれます。
                        クリック
            http://www.e-somu.com/subsidy/101?ww=o

90万いただけるから61歳以上の人を雇おうと思ったのではない。61歳以上の経験者がやる仕事があるから雇用していたらそういう指導があった。この90万円の支給は必要な政策だろうかねー?会社にくれるんだぜ。今年も支給決定の通知をもらった(90万円)。二週間以内に振り込まれます。そしてこれを実行する部署は独立行政法人。国と地方の借金が1.000兆円というがまだまだ削るところはいくらでもあると思う。補助とか助成とか500種類もあるという。削るところはいくらでもあるのではないか?

日本の財政、やっぱり心配だよ。46兆の収入で支出が102兆という今年の予算。うーん、でも俺達年寄りは関係ないか。若者のみんな ! 選挙に行こう。
次の総選挙は投票率を90%にしようぜ(ビート・たけし>)。

★民主党が政権に就いたら無駄を徹底的に洗い出す。おそらくビックリするほど出てきます。消費税を上げるのはそういう無駄を無くした後、国民の皆さんにお願いすることだ(岡田克也)。

         s-国の予算
                         (おそろしい今年の予算)


家庭菜園をやってみました、楽しいですよ。

初めて家庭菜園をやってみました(プランタン)。近所のおじさんや友達に、やり方を聞いて、キューリとトマトを植えました。写真の通り立派な農産物が収穫できました。
それにしても、お百姓さんが野菜で生計をたてるのは大変だねー。俺んちのキューリは一本2.000円でも合わないね。来年は八潮に資材置き場として借りた土地があるから、そこの一部(30坪くらい)を耕して、野菜の栽培をやってみるかな。同級生の村岡さんや赤星さんと張り合ってみるかな! ! !

我が社で「農業参入を目指す」というような大げさなものではない。農産物についての勉強と、私の健康増進。農家のみなさんが、あんなに安い値段でやってるなんて驚いてしまう。農業で生計を立てることの難しさ、それは「簡単ではない」ということはわかっているのです。私は農家の次男坊です。

豊かな土と肥料と優しい心配り、水をやり過ぎてもいけない。育てるということは何でも一緒だよね。

         s-キューリの栽培


         s-トマトの栽培



この人はビジネスマンなら同じ業界では生きていけない

高橋嘉信(よしのぶ)氏(小沢さんちの元秘書)のこと。自民党も加担した?この高橋嘉信氏のどろどろ。

20年間も仕えて小沢事務所を離れた。それから9年が過ぎている。何があったかは知らない。
昨年10月、自民党の公認候補として小沢さんの選挙区・岩手4区からの出馬が決まっている。彼を自民党公認候補にして、小沢さんの事務所の「アレやこれや」を暴露して、小沢さんを窮地に追い込む作戦を公然と口にする自民党関係者がいた。

20年間も仕えた事務所の悪口を「ペラペラ」しゃべって、9年も経ったのに、そこの社長をおとしめる人間が社会から尊敬されるはずがない。私も仕事で対立して取引を止めたという会社もある。いろんな出会いと別れがある。そのときは激しくやり合うこともあるだろう。でも3年も経てば「やーやー」という仲だ。それが世間というものだ。小沢さんと同じ選挙区から出馬、それも自民党公認。自民党のどろどろが見えるではないか。彼が何をしゃべったかは知らない。でもそのことだけで人間高橋という人物のことはわかる。

この高橋嘉信(よしのぶ)という男はビジネスマンなら同じ業界にはおれないね。案外政界も同じかもしれない。
自民党はこのまま公認でいくのかねー?この人は政治の世界から追われる。世の中はそんなに甘くない。僕はこの人は好かん。

                   (2009・03・13投稿分)

                         
      http://www.zakzak.co.jp/top/200903/t2009031133_all.html


                  高橋嘉信0000


今のお年寄りは年金もらい過ぎ ?

高度成長期をまじめに戦い抜き、引退した世代の会合に出たことがある。彼らから伝わってくるのは、不安はあるものの、まずまずの年金を得ており、物価が下がるのは良いと実感しながら、子孫にツケを残したくないという思いである。
 彼らが一生懸命働いた世代であることを疑う者はいない。出発点は貧しかったが、急激な所得の上昇は機会の増大につながり、日本市場最大の自由を享受した。受験競争は激しかったが、卒業後の就職口は広く提供された。競争に見合うだけの見返りが得られた。というよりも、見返りが見込めたからこそ、激しい受験競争に飛び込んでいったというほうが真相に近い。総じて良い時代だった。

 しかし、こうした見返りに、現在の年金やデフレによる貨幣価値の上昇分まで含めるとなると、「もらい過ぎではありませんか」と言いたくなる。鈴木亘学習院大学教授が明快に説明しているように、現在の年金制度は賦課方式をとっており、若年世代が老年世代を支えている。この仕組みを維持する限り、少子高齢化とともに若年世代の負担はますます重くなるばかりだ。

 デフレの進行も形を変えた世代間再配分である。デフレは単にお金を貯めこむ人には有利に働く。また、かっての戦士たちには戦場があったが、デフレによる失業率の上昇で現在の若者たちには戦う機会も与えられていない。

 子孫にツケを残さないために必要なのは、「各世代が自立すること」だ。世代内の問題は世代内所得再配分で解決すべきだ。厚生労働省も認めているように、年金の世代間格差は著しく、端的に言って、現行制度は正義に反する。

 なお、年金問題では税方式への移行が取りざたされる。しかし年齢に応じて課税額を増す「年金税」を導入するのでない限り、税方式への移行は改善策ではあっても解決策ではない。解決策は老年世代の自立、すなわち若年世代から老年世代への所得再配分をやめることだ。こういう改革で老年世代は得もする。このままでは年金不安は解消しない。必要なのは年金制度を持続可能なものにする改革だ。
(2009・07・09 日経新聞 大機・小機)

戦いを終えた戦士たち
(受験戦争も就活もビジネスマンとしても厳しかった。年金もらい過ぎ?)
s-200905100714045b9クマダイゴルフ
                

結構ファンが多い『富士重工業㈱のスバル車』

          よろしくお願いします、スバルのレガシイ。5月21日新型車発売。

                           クリック
               http://www.subaru.jp/legacy/touringwagon/


昨日は富士重工業㈱の関係会社の部品メーカー「富士ゴム工業㈱」の業務連絡会。
群馬県太田市、弊社から車で二時間の道のり。それにしても道路が空(す)いてるねー。これも不景気の効用の一つ。

いつもは担当者のS君が出席しているのですが、昨日は、我が社がスバル車の紹介販売で貢献したということで、「表彰を受けられるので社長も出席してくださいよ」とS君が云うものですから、私も出席しました。一昨年は品質で優秀ということで表彰を受けました。今年はスバル車の拡販で表彰。我が社もやるべきことはちゃんとやってるのです。

青木社長から自動車業界の現状説明がありました。そりゃー今の時期、会社は順風満帆と云う話ではないけれども、ほぼ、底は確認。中国、インド等の需要急増はそう遠くないという感触を受けました。出席した業者は二十数社、どこもたくましい。不景気にチャンスあり、耐えて勝つ、ですよね。

         s-レガシー


私もレガシー(上の写真)に乗っています。せがれもスバルのフォレスターです。快適ですよ。結構こだわりのファンがいるのです。こんど、あなたも買い替え時は、スバルの車にしてよね。
5月21日、新型レガシーの発売です。

                       (2009・04・29 投稿分)




«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード