2007-07

安倍首相にもチャンスはあったのに

選挙が近い。今度の選挙は自公のベタ負けが伝えられている。おそらく自民党は40前後なのだろう。それともあっと驚く30台前半(30~35)まで落ちるのか、はたまた「危機ばね」が効いて45位で踏みとどまれるのか?‥‥29日(日)のPM10:30頃にははっきりする。興味深い。

安倍首相はどうしてここまで国民の評価を落としてしまったのか?
国民の圧倒的人気を得るやり方は有ったと思うのだが。

民主党の長妻議員が年金問題を取り上げたとき、すかさず反応して国民に語り掛ければ良かったのにね。
「国民の皆さん、今こんな問題が出てきました。でも心配しないでください。安倍内閣で皆さんの年金はちゃんとします。」‥‥何事も先手必勝なのだ。

それなのに「国民の不安を煽るようなことをしないほうがいい」という理屈で出足が遅れた。安倍首相はその後の対策はまーまーよくやってると思う。でも民主党にさんざん小突き回されてから立ち上がった感を国民は持ってしまった。

松岡大臣問題には何も指導力を発揮できなかった。「松岡大臣、事務所費のことは領収書を付けて公表してください。緑資源機構との問題も全部しゃべってください。それで自民党は壊れるかもしれない。でもいいんです。やり直せばいいんです。」

「赤城さん、領収書を付けて公表しなさいよ」

‥‥もちろん自民党内は大荒れとなる。そうなれば自民党の大掃除だ。これなら安倍人気は沸騰したのではないか。自民党は盛り返せたのではないか。自民党再生の道は「政治と金」の問題を全部透明にするしかない。

赤城さんの事務所費問題は、強行採決までした「政治資金規正法の改正法案」が全くのザルであることがはっきりして、やっぱりとうなずいてしまった。社保庁は「日本年金機構」という独立行政法人を作って、そこへ移すという。でも「緑資源機構」の談合問題や天下りのことを聞かされた国民は、それが解決策になるなどとは思はない。

安倍首相は臭い物にはフタをしてしまうやり方を通してきた。国民は失望してしまったのだ。今度だけは自民党には入れないという人が多い。

『安倍首相では日本の改革など出来ない。やっぱり今の自公政権では改革は無理。ここは自民党にお灸をすえてやろう』‥‥‥大多数の国民の気持ちではないか。これでは自公政権は過半数を大幅に下回ることになるのは必定だ。


竹中平蔵先生の講演を聴いて

2007年7月24日(火) 越谷の「ギヤザホール」での竹中さんの講演会に出席してみた。
(野村證券越谷支店開業一周年の記念行事)

会場は250人びっしり。竹中さんに聞いて見たいと思うこともあり、前の席に座って話しを聞いた。質問の内容もメモしていた。ところが質問の時間になって手を挙げたけれども、質問者が多くて僕の番まで回って来ないのだ。

それにしても年寄りのおっさん達が次々とくだらん質問を続けるのにはいらいらしたね。そういう人達を押しのけてしゃしゃり出る勇気も僕にはないのだ。

それにしても野村證券の支店長と一緒になって小泉・竹中改革の成果を自画自賛される話には違和感を覚えたねー。

ガタガタに壊れてしまった金融秩序を正常にもどしたこと‥‥それは一応評価する。けれども、自分達で株価を7600円まで下げておいて、それを基準に2.4倍(18000円)になったからいいじゃないかという発言には腹が立ったね。高値掴みで塩付けになってる国民多数。

世界の株式市場はおしなべて歴史的最高値圏にある。
ところが日本の日経平均株価だけは「高値の半値戻し」も達成できていない。
株価が元気なく低迷中という国は日本だけなのだ。

経済の構造に問題があるのではないか、行政の仕組みに欠陥があるのではないか?という経済評論家もいる(長谷川慶太郎)。

そして、株価は小泉・竹中改革というものを竹中さんが自慢するほどは評価していないのではないか。
現在の自公政権では真の改革は出来ないということを株価は教えてくれているのではないか?

「株価の先見性、株価はすべてを教えてくれる」という市場の教訓を考えれば‥‥そういう結論になる。

孫はかわいい

女の子 二人(外孫) 

男の子 一人(家孫) そしてまた 8月には女の子


いい人生で有りますように ! ! 

        生を受け 主役となりし 夏座敷

hinano-1.jpg

2名の新入社員

2007年7月2日より永堀君(34歳)、7月9日より松村君(34歳)が入社。ハローワークの「トライアル制度」で募集。トライアル制度とは、試しに3ケ月間働いてみて,応募者と会社が気に入れば正社員として契約しようというもの。ここまでは普通の採用と変わらないけれども、違うところはこの3ケ月間は一人につき1ケ月当たり4万円の助成金が国から支給されること。3ケ月間の時給は1400円、2名募集したところ応募者多数で断るのに汗かいた。

二人に言ったことは「生涯を貫いて働きたいという会社・職場を早く持ったがいい。いつまでもフラフラと「あっちの会社、こっちの会社」を渡り歩くことから卒業したほうがいい。我が社の労働条件は、世間の会社から見てそんなに見劣りはしない。3ケ月間よく働いて、よく観察して、お互い三ケ月したら正社員契約するかどうか決めよう」ということで二人が働き始めました。

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード