2017-08

8月15日は「第72回目」の終戦記念日

22歳で東京に出てきました。ビジネスの世界で生きてきた。苦しいときもあった、つらいこともあった。なさけないときもあった。トイレで泣いたことなど数え切れない。

でも、いい時代を生きてきた。命をかけてやりあったことなどない。戦争の時代に比べたら、ビジネスの厳しさなんて屁でもない。戦争のシーンを見ると胸が詰まります!

戦艦大和の竣工は1941年(僕が生まれた年)、そしてこの年に真珠湾攻撃(トラトラトラ)があり、大和が撃沈されたのは
1945年4月7日。 


2017年8月15日は第72回目の終戦記念日。


クリック
<桜散る 日本の今へ SAKURA>

20120811055143589.jpg

slide_344368_3587944_free.jpg

12432a8c4a6b3614c17cda6e1a23f51a.jpg


日本は率先して原発からサヨナラすべきだ(>_<)

地球が出来てからおよそ45億年と言われています。その間、地球は大きな変動を繰り返してきました。生き物をほぼ全滅させるほどの変動を過去に何回も何十回も繰り返してきました。エベレストの山頂から海の生物(アンモナイト)が見つかっています。山が出来たり無くなったり。箱根は元々富士山より高かったという説もあります。富士山や箱根の爆発がいつあっても不思議ではないのです。

我々はおよそ45億年も続いているこの地球でほんの一瞬を生きてるに過ぎません。エベレストが海だったと考えればこれからどんな天変地異が起きても不思議ではありません。火山の噴火、山の崩壊、地域ごと陥没、隆起、巨大地震、巨大台風。何があってもおかしくないのです。

そんなことを思うと原発はなくすべきだという考えに当然なります。この地球は何があるか判らないのです。屋山太郎氏は講演で「中国ではこれから何百基もの原発が作られるから日本だけ止めても仕方が無い」と言いましたが、そりゃー中国で原発が爆発すれば日本もただでは済まないだろうけど、だからといって日本も造るという理屈にはならないと思います。

子供達の時代、孫達の時代、またその子供達の時代・・・人間はずーっと続いていきます。いつどんな天変地異が起こるか判りませんこの地球。原発を廃棄する決断をするのは今です。76歳の爺(俺)がそう言っております。

この日本でそういう考えが大流にならないのが不思議で仕方がないのです。


老兵は消え去るのみ ! 

古いものを捨てなければ、新しいものが育ちません。

人が変われば仕事のやり方が変わります。雰囲気も変わります。
でも無理することでもありません。
時は間違いなく過ぎて古いものを捨てていきます。

いつまでも「俺が俺が」で元気過ぎる政治家を見ていると「自分はああはならない」と反芻しています。
でも、平穏に完全に引退するのはなかなか難しいです。
死んじゃえば簡単だけど"(-""-)" でも俺、90まで死なないから賢く生きないと!(^^)!

古いものはその内に捨てられます。神様は公平です。

「老兵は死なず   ただ、消え去るのみ」
(ダグラス・マッカーサー)

20090915160920f87野中さん 201003221706033fdいかん崎 s-20091007155604816慎太郎 201001301212150a7青木さん s-2010030513424659e舛添さん fc2blog_201707010532165ff.jpg




絶句、子供の貧困率

世帯の年収が122万円未満の家庭で育つ子供が6人にひとりだという。なんか胸が詰まる話です。1985年以降最悪を更新しているというのです。

戦後みたいに、子ども達が全部貧しいならまだいい。俺も貧しかった。でも周りもみんな貧しかったからそれが当たり前だと思って暮らしていた。

でも、周りが裕福な家庭ばっかりで自分の家だけが貧乏ならつらい。それでよい子が育つだろうか?

特に両親が離婚して母親に育てられている1人親世帯がどんどん増えている感じだ。貧しくて貧しくて、そんな家庭でやさしくて思いやりのある子どもが育つだろうか?

「家 貧しゆうして 孝子顕る(あらわる)」は昔のこと
なんか寂しくなる話です

もちろん一人でりっぱに子供を育てている女性も知っています。「凄腕かあさん」もいます。
一人親だから貧乏とは限りませんがお母さんの苦労は大変です。

6人に一人が貧しい家庭の子供という話には胸が詰まります。

宇宙人はいるのか?

宇宙人は存在するという考えを持つ人は多い。でも、僕は懐疑的だ。
もし、NASA(米航空宇宙局)が宇宙人の存在を掴んでいたら、なぜ隠す必要があるのだ?

もし、アメリカ映画の「インデペンデンツ」に出てくるような悪い宇宙人だったら、それに対抗するための地球防衛軍(ウルトラマンタロー)を早急に創設しなければならない。NASAからはそんな声は聞こえてこない。

宇宙人はいるかどうかは判らない。いるかも知れない。でも、「存在するということは、今のところ確認されていない」というのが常識的な考えでしょう(2010・02・18)。 
                      
                    クリック
                 未確認飛行物体


              UFOです-120x120

    s-E5AE87E5AE99E4BABAE8A5B2E69DA5.jpg

あれからやがて6年、原発なしでも大丈夫でした(+_+)

これがわが国の原子力発電所なのです。技術世界一と言われたわが国の原発。ところがそれも怪しい。福島原発は外国製でしかも老朽化していた。今頃になって言われてもね~

チリ級津波で電源喪失、冷却装置が壊滅するという共産党の吉井議員の主張は無視されてきた。原発に群がっていた人達は“せせら笑って”いました。

膨大な税金と電気料金が原発につぎ込まれてきました。それが回りまわって政治家や官僚、マスコミにばら撒かれてきたのです‥‥そのスキームが何十年も続いてきました。大きな犠牲を伴わなければ変われない日本。これから日本の政治はあらゆる面で改革ができるかどうか、思いは暗いのです

原発の果実を享受していた地元の人達は、今、古里を追い出されて何を思うのだろうか?動物達の悲惨さには目を覆いたくなりました。

「原発は中止」・・・アメリカが決めたら簡単だけど日本だけでは絶対無理。小泉さんや細川さん、吉永小百合さんも頑張っていますが「日本は外圧がないと大きな改革はできない」・・・昔から言われてきたことです。

  
s-s-20110314-832700-1-L東電爆発


「溶けた核燃料」を取り出す技術はない?

↓クリック
ロボット技術公募

東京電力福島第一原子力発電所で、廃炉の最大の難関とされる、事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しに向けた調査が遅れている中、日本原子力学会などは、核燃料を直接調査するロボットの技術を公募することになりました。・・・・・・日立が出来ないものをどこができるというのか下記は2015年4月17日の投稿ですがあれから何も進んでいないようです(>_<) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2015年4月17日 記)
福島第一原発の格納容器に投入されたロボット(日立製)が故障で動かなくなって、回収を断念したというニュースが出ていました。溶け落ちた核燃料棒(デブリ)がどこにあるのか確認できていないのでロボットを入れて探す作業を始めたばかりです。

「デブリ」を探し出して、取り出して、保管して、処理する作業はいつまでかかるのでしょうか?

今のところどこにあるかも分かっていませんし、見つけてもどうやって取り出すのか?そんな技術はないという東電。

衛星写真では格納容器内にはないということです。日立製作所の自信作、ロボットに期待しましたが途中で動かなくなりました。実験ではうまくいったんですが、想像しきれない未知との遭遇にロボットもダウンです(>_<)

マスコミは詳しく伝えませんが、溶け落ちた核燃料という爆弾を我々は抱えているのです。図では溶けた核燃料が格納容器の底にありますが、それが格納容器から漏れてどこに行ったのか判らないというのです。それをロボットで探すというのですが?

2011061013195465aメルトスルー


民主党政権は良いことも言ってたけど

2008・01・07の日経新聞の一面に日経の年金制度研究班の結論が載っていました。「基礎年金は保険料ではなく税として徴収して、国民誰もが6.6万円(夫婦で13.2万円)の年金をもらえるようにする」というもの。「日経新聞研究版」も民主党案に賛成していたのです。

もちろん現在、年金をちゃんと掛けている人と、掛けていない人との公平性を保つためにはいろんな工夫が必要です。移行するのに長い年月がかかります。我々年配者には関係ないことだけど、若い人達が国民年金もかけていない人が多いと聞けば『なんとかならないのか』と思います。


―――――――――――――――――――――

①Aさんは現在66歳。40年間国民年金を掛けてきたので6.6万円の年金をもらっている。民主党案になればどうなるか
       ⇒同じく6.6万円がもらえる。

②Bさんは現在66歳。年金保険料を掛けてこなったので年金はもらっていない。
       ⇒民主党案になってももらえません。

③Cさんは現在50歳。30年間掛けて来ました。Cさんが65歳になったとき民主党案ではどうなるか?

   ⇒旧制度の30年分と新制度の10年分(50歳~60歳)がもらえる。

④Dさんは45歳で年金保険料を掛けて来なかった

   ⇒新制度の15年分(46歳~60歳)がもらえる。

⑤Eさんは20歳。⇒65歳になれば新制度の40年間分がもらえる

・現行の国民年金の保険料である14100円(人頭税)は徴収しない。基礎年金は税金から出す。その財源は無駄を徹底的に省く、それでも足りなければ消費税。二階の部分は、所得に応じて決められた金額を、税務署で強制徴収する。だから所得の無い学生さん等は払わないことになる。

・従って未納問題はほとんどないし、徴収費用を激減できる。現在の社保庁は、国税庁に吸収合併させれば、職員数は3分の1で済むだろう。

・所得の無い人は、保険料は払いませんので、二階の部分の支給はゼロですが、基礎年金(国民年金)は6.6万円もらえます。但し現在掛けていない人はその分減額されます。

・現行制度を清算すれば膨大な資金不足になる。だから現行制度を清算するという選択肢はありません。賦課方式を積み立て方式に代えたら、とたんに現行年金の支払いの原資に困ることになります。

・だから現行制度の「しがらみ」を引きずって、長い年月を掛けて新制度へ移行していくしかないのです。今まで真面目に掛けてきた人と掛けてこなかった人との公平性は当然保たねばなりません。旧制度から新制度への移行期間は、いままで年金を掛けていない人は旧制度の分はもらえない(例えばDさん)。

・新制度発足時に20歳の人から完全に移行することになる。即ち新制度へ移行が終わるまで45年の年月が必要ということだけれども、そこは20年で線引きするか30年で線引きするかは政策判断であろう。

胸が詰まる大阪府寝屋川市の事件

大阪府寝屋川市の中木田(なかきだ)中、1年生の平田さんと星野君が死体となって発見されたというニュースには絶句。
容疑者は13年前、似たような暴行事件を数回起こして刑務所に入っていたという。こんなおっかない人間がごろごろしている日本社会、再犯防止のシステムは実に頼りない。

川崎で殺された少年のこと、中一の男の子がいじめで自殺した話、次から次と嫌な事件が続くね~

中学1年と言えば反抗期なのかな~。夜中から明け方までふらふらしてる子供達の親も普通じゃないと文句の1つも言いたくなる。日本社会もそんなに安全じゃない。親も学校も町内会も気をつけてあげないとね~!

「原発ゼロ」提言はあまりにも無責任だという日経社説

日経新聞社説から(2012・09・07)

『原子力発電所を全廃したときの経済や国民生活への悪影響をどのように考えているのか。民主党の調査会が「2030年代に原発の稼動ゼロ」を目指すとする提言をまとめた。エネルギー政策が国の命運を左右することを考えればあまりに拙速で、政権政党として無責任と言わざるを得ない。

私達は、原子力をエネルギー政策の選択肢から外すのは懸命ではないと重ねて主張してきた。化石燃料に過度に頼ったために起きた1970年代の石油危機のような事態を繰り返してはならない。多様なエネルギーを確保して電力を安定供給することが、産業や雇用の空洞化の回避につながる。地球温暖化を防ぐためにも原発の役割は大きい。

原発ゼロを打ち出せば、当面の運転に欠かせない技術者が散り、安全を高める研究に携わる人材も集らない。
原発メーカーが生産基盤を維持するのも難しいだろう。

原発の代りに天然ガスなどを増やさざるを得ず、輸入額が毎年約3兆円余分にかかる。企業や家庭の電気料金を大幅に押上げ、経済を圧迫する。』 ‥‥‥


僕の意見です。(2015・05・26)
★これが天下の日経新聞の社説だからあきれる。もう一度原発事故が起きれば日本は破滅だと言う時に‥‥‥。
今こそ、「原発に頼らずに電気を製造する」会社に変身することを宣言した電力会社が勝ち組になる。保険会社も手が出せない事故の補償。その補償金の積み立てを原価に加えれば原発の電気が安いなどという発想はない。原発で製造した電気を売る会社の株などおっかなくて買えない。少なくとも俺は現在の電力会社の株は持たない。原発に頼らずに「環境問題も供給能力も価格も」、解決できた電力会社の経営者こそが歴史に残る名経営者。

★来年から電力小売り自由化(2016年)が始まる。どんどん電力に参入してくる会社群。がらりと変わる雰囲気・世論。

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード