FC2ブログ

2019-07

今度の日曜日は選挙ですよ!

次の日曜日(21日)は参議院選挙ですよ! 最近は通勤時間に駅に行くことはありませんので「候補者の街頭演説」を聞くことはありません。どの党に誰が出ているのかも知りませんでしたが、昨日、ネットで調べて「フーン」という感じです。

一つだけ「れいわ新選組」が人気になっているという記事が多いですけど、ただ候補者は10名ですから全部当選しても10名ではどうにもならないですよ? そうなれば『次の次を目標に「ああだこうだ」』といわれても現実味がありません。山本太郎氏は比例の3番目ですが「れいわ新選組」は3人当選出来ますかね~?

投票率が50%では公明党がくっついている自・公で決まり。2009年の政権交代時の投票率は69%でした。私が生きてる間に、もう一度政権交代は起きるでしょうか? 今の野党を観てるととても無理な様です。

「政治の一寸先は闇」とも言いますから何が起きるか判りませんけど?

日本も危険な国になった(>_<)

川崎市多摩区でバスを待ってる子供達が襲撃されて19名が死傷するという悲惨な事件が起きています。 最近では虐待で殺されたり自動車でひき殺されたりと、次々に悲惨なニュースが報道されてきました。

日本は世界一安全な国と思い込んでいましたが、もはやそんなに安心できる国ではないようです。 もっとも1億2千万人のうち被害にあうのは数十人ではないかという意見もあるでしょうが、少なくとも私が子供のころはこういう事件はありませんでした。

外国では銃を使った無差別殺人のニュースが時々出ますけど、「日本とは関係ない世界の出来事」と傍観してきましたが、何かよそ事とは思えなくなりました。日本では銃規制は徹底されていますから「銃の乱射」はないでしょうが火炎瓶や毒物による襲撃が起きないとは断言できません。

地下鉄や新幹線で火炎瓶を使って無差別に人を襲うなどとなったらどうなるでしょうか。とんでもない被害が発生する可能性がありますけど、そんな異常者が出てきても防ぎようがありません。 オーム真理教による毒ガス襲撃も結局出来たのは後処理だけでした。

子供を守るのは親しかありませんがその親が虐待で子供を殺すのですからどうしようもありません。精神異常といえばそれまでですがひどい社会、ひどい時代になったもんです。 親の貧困が原因という解説もありますが考え込んでしまいました。

政治と宗教の話は気をつけないとね(>_<)

人それぞれ意見があるから政治の話と宗教の話は気を付けないとね(^^;

政治への思いは人それぞれ、宗教も同じ。私は宗教は親の代から浄土真宗だもんだから我が家の仏壇は「浄土真宗」です。家内が毎朝拝んでいます。私は全く無頓着です。困ったときには「神様、仏様、キリスト様」にお願いするもんだからどこも聞いてくれません 

「不特定多数の人が集まる席では政治と宗教の話には注意しなさい」・・・昔、高校の先輩から言われて以来注意するようにしています。 だから、このブログでその鬱憤をはらしているのです(^^♪  嫌なひとは読まないでしょうから

積み重ね

IMG_20150720_034752.jpg

モーサテの「佐々木明子さん」が素晴らしいですね(^^♪

平日の毎朝、5時45分からやってる(テレビ東京)モーニングサテライト(モーサテ)のメインアナウンサーの「佐々木明子」さんが素晴らしいですね~。 「頭が良くて器量良し」・・・こんな人のことを言うんだろうな~(^^♪ 

こんな女性が俺の近くで政治家なんてなったら夢中で応援するかも(^^)v 幸いにして俺の近くにはこんな人物はいないので政治家の応援に夢中になったことはありません。


↓クリック
「佐々木明子さん」経歴


818221328fa3.jpg


400万円を借りたのかもらったのか❓

眞子様と婚約中の小室圭さんのことだけど「聞けば聞くほど情けない男だね~」と思ってしまう(こんなことを云ってもいいのかな?)

借りたのか?もらったのか?はっきりしないのも"もどましい"けど、たった400万円のお金さえなくてトラブルになった様な男が皇室の姫君を嫁にしようなんてちゃんちゃら可笑しいと思ってしまいます(>_<)

借りたのか、もらったのか❓ 小室さん側はもらったという主張で相手は貸したものだと言う争いだろうけど、その争いの内容が低次元で下町のおっさん達のレベルだから情けなくなってしまう。その方面の弁護士さんなら何回も経験するような案件だろう。

小室圭君のお母さんは結婚詐欺をやったのではないか❓という記事もあったけど結果として結婚詐欺みたいなもんだな~。「結婚しましょう」と相手を騙してお金を出させて最後は破談なんて結婚詐欺のパターンだ(-"-)

その争いの元が400万円だというからこんな人との係わり(人間関係)しかできない男が眞子様の旦那さんになるなんて私は反対です。



DSC00314.jpg


原発推進派「池田信夫氏」の理屈

小泉元首相の脱原発論は小学生のレベルだという池田信夫氏。

「原発は過去40年動かしてきた。その核のゴミは1万7.000トンすでにある。だから今、原発をゼロにしても核のゴミは処理しなければならない。原発をゼロにしてもゴミ処理の問題は残るのだから、ゴミ処理が出来ないから原発をゼロにしろというのは筋が通らない」

池田信夫氏によれば「これから40年で更に核のゴミは1万7000トン増えるけれどもそれは1万7000トンか3万4000トンかの問題。人里離れた山の中に埋めれば問題はないし既に候補地は内々で決まっている(北海道)」

いろんな人がいいます


★日本には59基の原発があります。2011年の福島原発の事故以来原発なしでやってきましたが再稼働が一つ二つと増えて現在8基の原発が動いています。脱原発で消える企業、チャンスが広がる企業、いろいろ。 でも、変えるということには大変なエネルギーが必要です。

クリック
池田信夫氏の小泉批判

消費税増税分を返すくらいなら先送りせよ(>_<)

消費税増税分の2%を政府がポイントで返すと言い出した。そんな面倒くさいことをするなら消費税増税は先送りすれば良いではないか。再度、先送りするなんてことをしたら政府のメンツがつぶれるからどうしてもやると言うのだろうか❓

例えば10,000円の買い物をすれば消費税は現行は800円。それが1,000円になる。200円増える。その200円分を政府がポイントで返すと言うのだ。但し資本金が1億円以下の中小規模の会社・小売店で買った場合。現金で買ったら管理できないからカードで払った人だけだという。

対象となるお店をどう線引きするのか? 田舎のお店はカードなんて取り扱っていません。新たにカードを扱うようにするには初期投資が必要だし、お年寄りがわざわざカードを作って買い物ができますかね~❓ それも2%の還元を2〜3年やるのに、お店やお年寄りにそんな面倒くさいことを強制するなんて馬鹿げた発想でしょう❓ 全容が明らかにならないと問題点が判りませんけど考え込んでしまいました(-"-)

カードでポイント還元なんて実現したら
これから株を買おうと思っている人はカード会社を買うのも一考! 政府がカード会社を支援する制度だから(*‘ω‘ *)でもこの案は実現しないだろう❓

リック

ポイントで消費増税分を返す?

日本の政治家は国民を馬鹿にしている(>_<)

来年はまた消費税が上がるというのに、日本の政治家達は政治家の数を減らすどころか増やすと言うんだから馬鹿にしてるよね~

「もうこれ以上は節約は無理という所まで公的部門を合理化しますから消費税を上げさせてください」というのが政治家から国民へのメッセージだったはず。全くの嘘っぱちだった。プライマリーバランスの実現なんて今の政治家じゃ絶対無理。悪いのは安倍晋三首相だけじゃない、これを本気で止めようとしない与野党の政治家も同罪だ。マスコミの取り上げ方も生ぬるい。

消費税を上げる前に議員の数を減らすならわかるけど「6人増やす」というんだから国民は馬鹿にされたもんだ(-"-) 国民が甘いから仕方がないのかな~。 「国民のレベル以上の政治家は持てない」というから国民に責任があるのかな?

クリック

議員定数を6人増やす


老兵は消え去るのみ ! 

古いものを捨てなければ、新しいものが育ちません。

人が変われば仕事のやり方が変わります。雰囲気も変わります。
でも無理することでもありません。
時は間違いなく過ぎて古いものを捨てていきます。

いつまでも「俺が俺が」で元気過ぎる政治家を見ていると「自分はああはならない」と反芻しています。
でも、平穏に完全に引退するのはなかなか難しいです。
死んじゃえば簡単だけど"(-""-)" でも俺、90まで死なないから賢く生きないと!(^^)!

古いものはその内に捨てられます。神様は公平です。

「老兵は死なず   ただ、消え去るのみ」
(ダグラス・マッカーサー)

20090915160920f87野中さん 201003221706033fdいかん崎 s-20091007155604816慎太郎 201001301212150a7青木さん s-2010030513424659e舛添さん 二階


«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード