FC2ブログ

2019-09

「国民年金の人」、「無年金の人」は2千万どころじゃない❓

『夫婦で65歳から95歳まで30年生きるとすれば老後の生活資金として2,000万円は貯めておかないと足りませんよ』と金融庁の諮問機関が報告書を作ったもんだから大騒ぎになりましたがこの騒ぎは国民年金の人と無年金の人は無視しています。

現在、70歳以上の日本人が何人居て、それらの老人の内、年金を毎月20万円以上もらってる人は何%いるのか❓ それを調査してから言って欲しいよね~

①無年金の人
②年金が10万円未満の人
③10万~15万円未満の人
④15万円~20万円未満の人
⑤20万円以上の人

上記の内で「老後に2,000万円足りませんよ」と言っているのは⑤の20万円以上の人のことです。毎月生活費が26万円かかるということを前提にしています。それなら年金がゼロの人は26万円×12ヶ月×30年=9360万円となります。約1億円貯めないと老後は普通の生活は送れませんという話になります。

老後には2000万円不足すると言う話は①~④の人は無視しています。そして現在の日本の老人はほとんどが①~④に該当します。私も45年間厚生年金を掛けてきました。月に21万円もらっていますが介護保険料、医療保険、所得税、住民税で15%は引かれますので21万円→約17万8千円の手取りです。私も④に該当します。

アベノミクスと称して超金融緩和をして株価の上昇を狙いましたが最近の株式市場は低迷しています。特に日経平均に採用されていない小型株はアベノミクス以前に逆戻りしている銘柄が多数です。日銀と年金資金等で買い上がって来ましたが株式市場は頭打ちです。だから「NISAで株式投資をしましょう」、「確定拠出年金に加入しましょう」と言っているのです。「タンス預金で投資をしてよ」と言っているのです。

年金者は三つに分かれます。

年金をもらっている人は次の三つに分かれます。
①国民年金の人、 ②厚生年金の人 ③厚生年金の人の奥様

①第1号被保険者(国民年金の人)
日本国内に住む20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業従事者、学生フリーター、無職の人など。この人達の奥様も国民年金になります。保険料は自分で納付しなければなりません。

②第3号被保険者
厚生年金に加入している人の奥様で年収が130万円未満の人。この奥様は保険料を払う必要はありません。旦那さんの保険料に含まれています。 (年収が130万円を超えると第2号被保険者になります。即ち旦那さんから離れて自分で厚生年金に加入しなければなりません。)

③第2号被保険者
厚生年金や共済組合等に加入している会社員、公務員など。サラリーマンやOLの人などはここに該当します。

※厚生年金(民間会社の年金)と共済年金(公務員の年金)は平成27年10月に統合されて現在は厚生年金です。

年金だけでは2,000万円足りないという話の真意

金融庁の審議会が老後を夫婦で30年間暮らすには「年金とは別に2,000万円が必要」という報告書を作ったもんだから大騒ぎになっていますがこの報告書の言いたいところ・真意は別のところにあるようです。

金融庁の報告書は老後に年金の外に2,000万円が必要だから「NISAで株を買ってよ」あるいは「確定拠出年金に加入して資産形成をしてください」というところが真意の様です。株価が低迷して日銀も年金資金もお手上げの状態ですから新たに「国民の皆さんも株を買ってください」と言っているのです。

麻生大臣はこの報告書を受け取らないと言っていますが頓珍漢な対応で国民の70%が納得できないとしています。はっきり言えば良いと思います.・・・「老後の生活を年金だけに頼るなんて無理ですよ(>_<) 年金だけでは足りません。NISAで投資してください」。


でもね、株は下がることが多いです。損をすることもあります(-"-)
IMG_20190618_145302投資

最低でも夫婦で14万円もらえる年金制度(^^)v

65歳から95歳まで生きるとすれば年金の20.5万円(平均)では足りない。あと月に5.5万円、すなわち月に生活費が26万円必要で30年間では

5.5万円×12ヶ月×30年間=1,980万円 (約 2,000万円)

こんな試算を金融庁の審議会が出したもんだから政治の世界で大騒ぎになっているのです。でも、20.5万円もらえる人は恵まれた人達でそういう人はあとは自分でちゃんとしますから余計なお世話ですよ。

そんなことより無年金の人や国民年金で少ししかもらえない人達をどうするのか❓ どういう制度にしたらよいのか?もっと政治が大騒ぎして立案したら良いと思うけど難し過ぎるのか政治は手が出せませんね~。

民主党政権では夫婦で最低14万円もらえる年金制度をつくるとぶち上げましたが実現しませんでした。 子供手当を月に2万6千円支給する制度も実現しないで民主党政権は終わりました。この二つは実現して欲しいと私が期待したことです。

老後を30年生きるためには2,000万円は貯めとかないとダメよ❓

金融庁が「65歳から95歳まで30年生きるのに夫婦で2,000万円が必要ですよ」という報告書を作ったもんだから大騒ぎになっています。公的年金を夫婦で毎月20万9198円もらっている人が平均だけど実際の家計支出は26万3718円です。だからその差額5.5万円は自分達で貯めておきなさい。すなわち1年では約66万円不足です。30年では30×66=1,980万円です。これを各人が貯めなさいということらしいですけど、でもそれは恵まれた年金受給者の話でそんなにもらえない国民はいっぱい居ますから単純な話ではないですよ(-"-)

夫婦で国民年金を12万円もらえる人は26万円には毎月14万円足りません。30年間では14×12×30=5040万円が足りないとなります。 国民年金もかけていない人は26万円×12×30年=9,360万円貯めなさいとなります。

住まいのローンが終った人は「持ち家を担保に2000万円を借りて死んだらその家を銀行に渡す」という方法がありますよとある銀行が宣伝しています。なるほどと思ってテレビのコマーシャルを観ています。

野党は「自公は100年安心の年金制度と言ったじゃないか」と攻撃していますが、国民は誰も「100年安心」なんて思っていません。 私はそこへ際限なく税金がつぎ込まれて国の年金制度は維持されると思いますけど国民の中には存続できないと思っている人が多い様です。


«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード