FC2ブログ

2019-09

拉致問題、安倍内閣に期待をしたけど6年が過ぎた❓(>_<)

「拉致問題は安倍内閣で必ず解決します」と聞いた時は一縷の望みを持ちました。確かに安倍内閣が誕生してすぐのころは動きもあったし「もしかして」と一縷の望みも持ったのです。

でも、あれから6年、私の中では「安倍内閣では拉致問題解決はもう無理」と絶望感が漂いました。

そして今また、ニュースが出てきました。安倍首相がトランプ大統領に「拉致問題」を議題にするように頼んだというニュースです。トランプと金正恩との米朝会談で取り上げられるとなれば解決の可能性は今までで一番大きいと言えるかも知れません。

でも、反対に、ここで金正恩が日本側が全く飲めない回答をトランプを通して言ってきた場合、日本側は窮地に陥ります。拉致問題の解決は絶望になります。トランプがこれで飲めと言ったらどうしようもありません。

だから安倍内閣はトランプに丸投げということはできません。そのために、安倍首相は日朝首脳会談を急いでいるという解説がありますが「なるほど」です。

でも6年もかけてこのレベルのニュースしか出てこない「対北朝鮮問題」・・・この日本には知恵者はいないのだろうか❓

「外交の安倍」というけど・・・

もう北方四島は返ってきませんね。安倍政権になって拉致問題もあきらめざるをえません。6か国協議の中から日本は外されてしまいました。

F35戦闘機を追加で100機購入、お代は1兆円だそうです。自動車の関税を回避するために国民の税金が湯水のように使われています。

外交の安倍だそうです。

「希望ですよ」‥横田早紀江さん

 歌人の斉藤茂吉はたいへんなカンシャク持ちで、いつ雷が落ちるかと家族はひやひやしていたらしい。ところが孫のことになると違った。2階に寝ていて、孫たちが下の廊下をばたばたと駆け回る音がするのも「何とも言えぬ可愛い感じである」などと随筆に書いている。

 およそカンに障りそうな足音まで「可愛い」とほほ笑ましい限りだが、孫への愛情とはそういうものだろう。北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの娘と対面がかなった祖父母の感激も、だから察するにあまりある。
しかもわが子はいまも行方が知れぬ。その面影を、孫の顔立ちや挙措(きょそ)に感じては涙がこみ上げたに違いない。

 モンゴルのウランバートルに双方が出向いての、極秘裏の面会だったという。横田さん夫妻の孫を思う気持ちが実を結んだのは大いに喜んでいいが、第三国の首都までキム・ウンギョンさんを送り出した北朝鮮はそんなに素直でも人道的でもあるまい。こんどの対面劇にこめた専制国家の思惑をとくと見定めるべきだろう。

 これで拉致問題解決の糸口が見つかったわけではないし、そもそも血も凍るような粛清を平然とやってのける陰惨な王朝だ。きっとウンギョンさんも厳重な監視かにあろう。それでも祖母の早紀江さんは別れぎわに「希望ですよ」と語りかけたという。被害者みんなの足音を聞ける日が来ると信ずる心に、しっかり寄り添いたい。
(2014・03・18 日経新聞 春秋)

※挙措(きょそ)‥‥立ち居ふるまい(広辞苑)

«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード