FC2ブログ

2020-08

また副作用が襲います。(-_-;)

2020年3月30日(月) 午前5:00

便秘が治ったら次は下痢が襲います。下痢はトイレに行けば良いのですが下痢による体調の不良は半端じゃないのです。疲れ果てて、立てば倒れそう。もちろん食欲どころではない。食べられません。昨日の今頃は便秘でした。今は下痢の後の疲れ。背中も痛いな~😭

戦いはこれからだけど耐えられるかな~(>_<) 俺ってだらしないんだよね~(~_~;) 


戦いの第一日目

2020年3月25日(水) 「新東京病院」に入院です。9時30分には部屋に入りました。治療開始前の身長・体重・血圧その他の問診を受けて戦闘開始は午後からです。 先ずもって副作用を軽減するクスリを点滴して次から次と点滴でクスリを体に入れていきました。所要時間は4時間半。

お腹が痛いのと背中が痛いのと食欲不振を治してもらいたいという私の要求に薬が用意されていました。夕食後はクスリ(錠剤)を数種類飲みました。朝になり目が覚めたら痛みが減って気分が大分良くなっていました。

3日も入院していれば痛みは消せるのではないか?と明るい気分が少し出ました。「すい臓がん」との戦いはこれからです。

2020年3月25日(水)入院します。戦いの始まりです。

昨日、新東京クリニックの本田先生の治療を受けました。今日(25日)から入院を決定して抗がん剤の投与を始めます。
戦いの始まりです。 俺って、だらしないから怖いです(-"-)

1月14日 腸の内視鏡検査
1月28日 胃カメラ
2月5日  ピロリ菌駆除完了
2月6日  膨満感と腹痛が始まった日・・・胃炎の薬と便秘の薬を呑むも快方せず
2月末日 お父さんの病気は膵臓の病気だろうと娘が言い出しましたので他の病院ですい臓の数値を入れた血液検査をする。
3月6日  血液検査ですい臓の数値が飛びぬけて高いので新東京クリニックの本田先生を紹介してくれました。
3月10日 本田先生の治療を受けました。 造影剤を飲んでCTを撮ったら一発で「膵臓癌のステージ4」を宣告されました。
3月11日 検査
3月13日 検査
3月23日 内科の先生から検査の追加(PET)の提案あり。
3月24日 本田先生と相談してもう検査は辞めて抗がん剤治療を始めることを決定。
3月25日 入院して治療開始

もう検査はノーサンキュー(-"-)

27日(金)に肺のPET検査という話が出ましたが拒否したいと思います。もう検査は良いよ。 「すい臓がんは確定しているのだから早く治療に入りたいと思います」。

今日(3月24日)、15時から本田五郎先生と面談します。 

本当は「死にたくない」んだよ(-"-)

本当は死にたくないんだよ! まだやり残していることがあるんだよ。せめてあと5年生きたいんだよ。

でも、どんどん痩せていく自分を診てるとあと5年なんて無理かもしれないね~(-"-) 

女房、子供たち、孫たちにみっともない姿は見せたくないと思う! でも死んでいく身は格好がいいわけではない。 できるだけ静かに見え張って死んでいくことを考えているけど自分はだらしないからな~(*^-^*)

明日の23日(月)には治療方針の説明があるけど苦しんで苦しんで死ぬのもつらい。 そうかといって無抵抗で死んでいくのも情けないよね~

熊本大学卒のお医者さんと巡り合ったのも何かの縁(^^)v 任せるしかないか? 高校の同級生の吉田仁爾医師も熊本から本田先生に「村上をよろしく頼むぞ」と電話してくれたそうで嬉しいです。 神様はどんな決定をなさるのだろうか?

「缶ビール1本」の幸せ !

病気になって食欲がありません。何を出されても美味しく食べられないのです。 食べなければ痩せる一方ですから無理して口に入れていますけど美味しいのは最初の二口~三口。 二口~三口は美味しいと感じることもありますけど後は薬を食べてると思って無理して食べています(-"-)

冷蔵庫には缶ビールが数本入っています。これが美味しく飲めたらどんなに幸せだろうと思います。未練タラタラの気持ちになりますから今日はアルコール類は全部片付けます。

病気になって健康の有難さを知ると言いますけど、そんなことは病気にならないと判りませんよね~(-"-) 職場で少々嫌なことがあっても病気で辛い思いをすることに比べたら屁でもありませんよ。 病気になって判かりました。 

高校の先輩から叱られたことがあります。 「生きるか死ぬかの瀬戸際に立ったこともないのに分かったようなことを言うんじゃいよ」。 今、私は生きるか死ぬか?の瀬戸際です。 考えることは今までの自分の生き様のこと。決して褒められたものではありませんです。 頑張りましたけどね(^^)

ネットで視ると、これから1年の間、私が生きられる確率は8%。100人中8人に入らないといけないというからあの受験戦争の時よりはるかに難関です。

23日には先生方と話して治療方針が決まります。 すべてはそれからです。

日本の製薬業界は腕の見せ所だぞ!

コロナウイルスに効くという薬の名前がちらほらと出てきています。 既に市販されている薬の中にコロナに効く薬はないか? 製薬業界は血眼になって試験を重ねているでしょう。

昨日は膵炎の薬として販売されている「ナファモスタット」という薬がコロナに効くという東大の先生の発言がありました。 試験的な投与はもう始まっているようです。 既存の薬がコロナの予防にも治療薬としても有効ならコロナ騒動は終焉ですけどね~!

富士フィルムの子会社の富山化学が開発して富士フィルムが販売している「アビガン(一般名=ファビピラビル)」という薬もコロナの薬として有望と言われています。 コロナ騒動はそう長い時間を要しないでも解決できるのではないかな~という思いに駆られた昨日今日です(^^)v

日本の製薬業界は頑張って欲しいと思います。

「胃」と 「腸」と 「すい臓」

このブログを読んでいただいている皆さんへのお知らせです。

「お腹が痛い、お腹が張って食欲がない」・・・・そういうときはまず胃や腸を調べますよね~。 でも、そういう時は「胃」と「腸だけではなくて「すい臓」を調べるということを忘れないでください。

「すい臓」や「肝臓」は専門の先生がいらっしゃいますからそういう病院へ行くことです。 お腹が痛い時には 「すい臓」や他の内臓も調べるのです。 僕の場合は造影剤を飲んでCTを撮ったら「すい臓」がやられているということがすぐ判りました。

僕は不思議でしようがないのです。 「お腹が痛い、膨満感があって食欲がない」ということで掛かりつけの病院へ行きました。 そこで、胃と腸の病気を疑うのは当然だと思います。 でも、それに問題がなくて痛みが取れないとなれば「すい臓」を疑うのは当然じゃないですか(-"-) あくまでも便秘だろうという診たてで便秘薬と痛み止めを飲んで過ごした日々が悔しくて仕方がありません。

ネットで調べた娘が「お父さんの病気はすい臓だよ」と言い始めたのがきっかけで「すい臓癌」に到達しました。 娘の眼力にも劣るお医者さんに診察してもらっていた自分が情けないです。

お腹が痛い時には「胃」と「腸」とすい臓」を調べましょう! このブログを読んでいただいている皆さんへのご報告です。

1年間を生き延びられるかが勝負だけど?

膵臓癌でステージ4を宣告されても「自分の友達は病に勝って今もちゃんと生きている」という報告が2件届きました。 励ましていただける気持ちは有難いことです。

でもね、冷静にネットで調べてみれば膵臓癌のレベル4を宣告されて1年以上生き永らえたものは8%、すなわち100人中8人。厳しいですね~(-"-)  1年を生き永らえたらそれから4年間生き延びた人が60%すなわち100人中60人です。

萩尾さんからは消極的過ぎる、弱気過ぎるとお叱りを受けるでしょうが現実は厳しいです。 いつお迎えが来ても良いように準備万端整えます。そして運命に従います。

昨日は近所のお墓を見に行きました。自宅から歩いていける共同墓地を売り出していますのでそこを見学に行きました。「近くて良いですね~」と家内がとても気に入りました(笑) 村上家のお墓は決まりです。

時の流れは非情です(-"-)

「散る桜  残る桜も  散る桜」

まさか僕が2番目に逝くとは思わなかったな~(-"-)  「みんなを見送ってから俺が最後に逝くから」なんて冗談を言ってたけど当たらなかったね~。 一人はもうあの世。 2番目が僕となるのかな? 残るは4人。 「散る桜 残る桜も 散る桜」・・・だけど長生きしてよね~(^^♪  楽しかったあのころの写真(^^)v


済々黌(セイセイコウ)高校の同窓会の写真(群馬県沼田インター近くの「初穂カントリークラブ」)
同窓会


IMG_0018_1_1.jpg


«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード