FC2ブログ

2019-05

原発の事故に保険をかければいくらになるでしょうか?

事故った原発を廃棄するにしてもどんどん費用が加算されて最終的にはいくらかかるかわからない❓ 技術的にも困難なことばかり。 これでも原発が安いという議論がなされるのには驚いてしまう。 この原発の事故に保険をかければいくらになるのだろう? 保険業界は大き過ぎて保険は引き受けられないにしても、ちゃんと試算して発表して欲しい(>_<)


IMG_20161128_032656.jpg


日本は率先して原発からサヨナラすべきだ(>_<)

地球が出来てからおよそ45億年と言われています。その間、地球は大きな変動を繰り返してきました。生き物をほぼ全滅させるほどの変動を過去に何回も何十回も繰り返してきました。エベレストの山頂から海の生物(アンモナイト)が見つかっています。山が出来たり無くなったり。箱根は元々富士山より高かったという説もあります。富士山や箱根の爆発がいつあっても不思議ではないのです。

我々はおよそ45億年も続いているこの地球でほんの一瞬を生きてるに過ぎません。エベレストが海だったと考えればこれからどんな天変地異が起きても不思議ではありません。火山の噴火、山の崩壊、地域ごと陥没、隆起、巨大地震、巨大台風。何があってもおかしくないのです。

そんなことを思うと原発はなくすべきだという考えに当然なります。この地球は何があるか判らないのです。屋山太郎氏は講演で「中国ではこれから何百基もの原発が作られるから日本だけ止めても仕方が無い」と言いましたが、そりゃー中国で原発が爆発すれば日本もただでは済まないだろうけど、だからといって日本も造るという理屈にはならないと思います。

子供達の時代、孫達の時代、またその子供達の時代・・・人間はずーっと続いていきます。いつどんな天変地異が起こるか判りませんこの地球。原発を廃棄する決断をするのは今です。78歳の爺(俺)がそう言っております。

この日本でそういう考えが大流にならないのが不思議で仕方がないのです。


若者の皆さん、あなた達が決めるのです!!

我々年寄りはどうでもいいのです。どうせ、近いうちにお迎えがくるのですから

このまま、原発に頼る社会を続けるのか?
それとも、電気の製造を原発に頼らない、そんな日本を作るのか?
今度の選挙で若者の皆さんが決めるのです。

若者たちは、ちやんと選挙に行って、「原発のない社会を作り上げる」ということをはっきり意思表示すべきだ

脱原発は電気代が上がって企業の国際競争力が落ちるだの、安定供給ができるのか?とか、環境に悪いだの、と反対の為の理屈はいくらでも言える

でも、十年もあれば、それを乗り越える目途は立つ。はっきりするのです

政治が決断しなければ始まらない。どうにもならない。
それには国民が決断しなければ始まらない

結局、日本は外圧でしか変われないのか ?

日本はどうして原発事故を防げなかったのか?
今日の東京新聞(2011・04・22)では「志賀原発差し止め」の判決を出した金沢地裁の元裁判長のインタビュー記事が載っている。

津波で冷却装置が喪失する危険性に警鐘を鳴らした学者や議員の意見は葬り去られてしまった。
この原因は何なのか、やっぱり日本社会の意思決定システムがダメということ?
これを教訓にして日本は変われるのだろうか?
大向こうを唸らすような記事にはまだお目にかかれない。

古い家を壊さなければ新しい家は建たない。古い家を壊すことに頑強に抵抗する人達がいる。
昔から言われているように外圧でしか日本は変われないのかねー。

(2011・04・22)

«  | HOME |  »

プロフィール

校長・村上勇

Author:校長・村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●「政権交代前夜の思い」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード