FC2ブログ

2020-12

ありがとうございました

 村上勇の息子です。いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 父 村上勇が11月4日早朝に亡くなりました。ここに謹んでご報告申し上げます。

 葬儀は11月7日に家族だけで執り行いました。本来であれば生前懇意にしていただいた皆様方とのお別れの場を設けさせていただきたかったのですが、新型コロナウィルス感染の再拡大が続く中、安全を第一に考えこのような判断とさせていただきました。本当に苦渋の決断でしたが、今年はどの会社も同様の対応をとっておりますので致し方ありません。尚、御香典・御供花等につきましては、故人の遺志により固く辞退させていただいております。

 父は生前「俺は90歳まで生きる」と豪語しておりました。80手前にもかかわらず髪はフサフサで白髪もほとんどなく「実年齢よりもかなり若い」と皆から言われるのを自慢しておりましたので「もしかしたら100歳まで生きるんじゃないか」と冗談ながらもよく家族で話しておりました。まさかこんなに早く帰らぬ人となるとは全く想像しておりませんでした。

 父は昭和54年に脱サラして会社を立ち上げ、一代で今の規模にまで築き上げました。苦労も沢山あったと思います。社長は重大な決断を何度もしなければなりませんし、とても孤独なので、神経をすり減らすことも多かったことでしょう。その中で一生懸命仕事をして私たち家族を養ってくれました。家では九州男児そのもので、家族の言うことにあまり耳を貸しませんでしたが、人の懐に入るのがとても上手で、義理堅くまた面倒見が良かったので、多くの人から慕われていました。

 仕事人としての父は、従業員に対して本当に優しい社長だったと思います。自分は贅沢な生活を極力控えて、その分従業員の待遇を良くしようと常に考える人でした。仕事の内容や実績ではなく、人柄で仕事を取ってくることができる昔気質の営業マンでした。正直、実務は私の方ができると思いますが(笑)、脱サラして一代でここまでの会社を築き上げる能力は私にはありません。また父は上に立つ人間として肝が据わっており、右往左往することが全くないとても安心感のある社長でした。そして運命論者というか、何か仕事上で困難に直面しても、何をせずとも解決策が勝手に向こうから転がり込んでくると信じていましたし、実際にそうでした。

 先にも書いたように現役時代は苦労も多かったと思いますが、社長を退いてから亡くなるまでの7年間、私と専務に仕事を任せ、趣味のゴルフに大いに熱中し、また友達と会食するなどして、こちらが羨ましくなるほど余生を謳歌していました。そして母と夫婦水入らずで、ゆっくりと穏やかな時間を過ごすことができました。とても幸せな晩年だったと思います。

 最後に、皆様におかれましては長年父のブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。父はこのブログを生きがいにしておりましたので、たくさんの方に見ていただけて本当に幸せだったと思います。ブログについてはしばらくの間このまま閲覧できるようにし、折を見て非公開とさせていただくつもりです。

 以上、息子から最後のご報告となります。ありがとうございました。



穏やかに過ごしています

ご無沙汰しております。村上勇の息子です。
いつも当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
父について、いろいろとご心配をおかけしております。久しぶりではございますが、現在の状況をご報告させていただきます。

6月5日の退院後、父の体調は日を重ねるごとに悪化し、ほぼ寝たきりの状態になりました。その後7月中旬に自宅近くの介護施設に入居しました。施設入居前に、本人の意思により抗がん剤の治療を中断し、緩和ケアに移行し今に至っております。

不思議なもので緩和ケアに移行してから、父の体調は少しずつ良くなり、病状も落ち着いています。もちろん日によって差はありますが、痛みもあまり無いようで、声の張りも元気だった頃と変わらない日もあります。「このまま回復するのではないか?」と私たち家族が感じることもあり、先日主治医の先生に確認してみたのですが、やはり癌は進行しているようで、今落ち着いているのは痛み止めの調整のお陰とのことでした。最近は食べる量も減り痩せてきてはおりますが、父は思いのほか穏やかに過ごしています。

現在は母が毎日施設に通い父の世話をしており、私の姉と妹、そして私の3人が仕事の合間に交代で母と一緒に施設を訪問しています。現状多くの病院や介護施設では、新型コロナウィルスへの対応としてお見舞い等の立ち入りをたとえ家族であっても禁止しております。しかしながら現在入居している施設の方で父が末期がんであることを考慮していただき、私たち家族4人に限って特例で面会できるようにしてくださいました。本当に有難いです。

先にも書いた通り、父は心穏やかに毎日を過ごしています。私たちが訪問した際には、テレビを見たり、私たちと会話したりしています。先日は大相撲で熊本出身の正代が優勝したことを喜んでいました。ただ、いかんせん起き上がるのにも一苦労なので、もう父がブログを書くことはないと思います。

最後に、前回のブログ更新後、私はこのブログに手を付けるつもりはなかったのですが、父が膵臓がんを患い、いろいろとネットで検索した中で出会った末期がんの男性のブログが最近更新されておらず、とても心配になっていたところなので、やはり心配していただいている皆様に父の近況をご報告したほうが良いのではないかという心境に至り、今回ブログを更新することにしました。次はいつになるかわかりませんが・・・

今でも会社に父の状況についてお問い合わせいただくことがあります。皆様の父への応援に心より感謝申し上げます。本当に有難うございます。

退院とその後について

いつもお世話になっております。息子です。
その後の経過について、父の了解を得まして引き続きご報告いたします。

父は6月5日の午前中に無事退院しました。入院時よりは食欲もあり、体調も良さそうです。
但し、病院でずっと寝たきりであったためか、筋力が衰えて起き上がることが体力的に辛いらしく、パソコンに向かうことがしんどいようです。

父はしばらくの間、闘病に専念したいとのことで、体調が回復するまで当ブログの更新はお休みします。

応援していただいている皆様に、感謝申し上げます。

お知らせです

村上勇の長男、村上太一郎と申します。

いつも当ブログをご覧いただき、誠に有難うございます。

最近、ブログが更新されていないことについて何件か会社にお問い合わせをいただきましたので、父の了解を得まして代わりにご報告させていただきます。

父は抗癌剤の副作用の影響で先週末より体調が思わしくなく、27日より入院をしております。今回はタブレットを所持しておりませんので、ブログの更新ができません。今のところ入院は1週間程度を予定していますので、次回更新まで暫しお待ちいただければと思います。

皆様の励ましに父も喜んでおります。父に成り代わりまして、厚く御礼申し上げます。本当に有難うございますm(__)m

「会社の資金計画はOKです」

昨日は取引銀行との打ち合わせがありました。 これからの資金繰りのことについて話題があがりましたが、当面問題はありませんということだったということで報告がありました。 5月末に税務署に提出する決算報告書も仕上がりました。 OKです。

残るのは私の病気だけです(-"-) 疲れる。 治りたい。 皆さんが応援してくれているのに神様お願いです !!

治療を始めたのが3月25日

あれから食欲が出て食べられるようになりました。 間食もしています(つまみ食い)。 食べることに関してはストレスがなくなりました。

問題は疲れです。食べた後にはどっと疲れが出てぐったりと布団の中で休む以外に方法がありません。

先生のお答えは「癌と戦っているのですから・・・今、戦っているのですから」。それもそうだな~

今までの治療で良くなったこと

2020年3月25日の初めての抗がん剤投与から今日まで何が良くなったかと考えれば・・・・❓

ステージ4を告げられたときは私は口から栄養分を採ることが全くできませんんでした。すなわち食欲不振で何も食べられませんでした。 あれから2ヶ月、懸命の治療で朝、昼、晩と食事が採れるようにはなりました。

第一段階の目標は「抗がん剤を受け付ける体」にして抗がん剤で膵臓癌をやっつける作戦です。 血液検査では抗がん剤を打てる白血球の数値を維持しているかどうかを確認します。抗がん剤の副作用との関連などを含めてどのレベルの抗がん剤を点滴するのか、お医者さんもいろいろ考えて薬の配合を指示しているようです。

食欲は出ましたが次の問題は食事の後の異常な疲れです。 朝・昼・晩と食事が済んだあとは異常に疲れが出て立ち上がれない程です。周りを歩くことさえ出来ません。 さて、これにはどう対処することになるのかな~❓ 19日(火)は主治医の本田先生との面談ですからお話を聞きたいと思います。

口内炎も酷くて硬い物が食べ辛く難儀しています。順風満帆とは行きません。 

自民党政治って凄いですよね~? 

自分は「膵臓癌だ」し、世の中はコロナウイルスが流行って人間社会は大混乱だ。 でも、可笑しいね~? この政治の世界のこと。 真面目に人間論を考えることさえ馬鹿げていると思えるのは僕だけだろうか❓

野党が非力でことごとく自民党に馬鹿にされていると考えれば少しは納得行くけど野党も馬鹿にされているけど国民も随分と自民党に馬鹿にされたもんだよ。

今日の政治ニュースを一瞥しても「桜を見る会」のことや「そ前夜祭」のことなど自民党の政治資金報告書がいかにでたらめであるか、そしてその言い訳がいかに厚かましいものおであるか、自民党のお偉方とはあきれて口も聞きたくない。 こんな人達と話し込んだら俺も猿以下だと言われそうだから(-"-)

安倍政治はいつまで続くのだろうか❓ これ以上はもうたくさんだよ。精神的な拷問を受けているようなもんだ。 石破さんに交代する日はいつか? まだですか❓ 

検察官の任期伸ばしたり縮めたり・・・・自民党政治に司直の手が入らないように検察内部を仲良しチイームで固めましよう。 自民党って凄い政党ですね~。 これでちゃんとまとめるのだから! 野党ならすぐ足の引っ張り合いを初めて瓦解するだろうけど自民党は壊れない。凄いですよ。

何でこんなに疲れるのだろうか?

私は「膵臓癌」ということですが あの小さな膵臓が「どうこうしている」という感じはありません。 体の全体が異常に疲れて寝返り打つのもしんどい感じです。 もうこうなりゃ~眠るしかないね(-"-)

疲れた~

今日も「抗がん剤」とのお付き合い(#^.^#)

千葉県松戸市の松戸駅前にある「新東京クリッック」という病院で治療を受けています。 3名のお医者さんと「ああだこうだ」とやっていますが主治医は学部は違いますが大学の後輩ということでとても信頼感を覚えています。 同窓会のことなども話題にしながら治療を受けています。 その本田五郎先生は熊高→熊大医学部です。 僕は済々黌高校→熊大法の落ちこぼれでした。

今日も診察の日です。 血液検査をやって白血球の数値を確認してから「アブラキサン(ABRAXANE)」という抗がん剤と「ゲムシタピン」という薬を点滴します。 薬の質や量は血液検査の結果で調合されているようです。 4時間くらいかかります。 それを3週間続けます。そして2週間休みます。 その繰り返しです。

外にも民間療法で「ラドン」発生装置を部屋に付けたり漢方薬(天仙液)を飲んだりするなど娘の意向を汲んだ治療を続けています。


恥ずかしながら私は「夢」を視ています(^^)v

喘息の治療薬に「ナファモスタット」という薬があるそうです。 商品名は「フサン」という名称で喘息の治療薬として認可を受けているそうです。 「フサン」は持田製薬㈱などがもう喘息の薬としてすでに販売しており許認可の申請は必要がないということでございます。 本当にコロナに効くのかどうか❓  政府の判断待ち・・・・

私はこの「フサン」という薬が気になっています。 今回のコロナ戦争に「フサン」が大きな役目を果たすのではという夢をみたのです。 今日の国会答弁でも「安倍首相」の発言の中に「フサン」という言葉がありました。

東京大学の研究グループがこの「ナファモスタット」にコロナ対策薬の一番手として期待を寄せているという報道を聞いてから実は私はこの薬のことが頭から離れないのです。

「フサン」がコロナ対策の薬として製薬業界に大きな貢献をして持田製薬(株)の株価(4534)が暴騰する夢を毎晩みてしまう状況ですからね~! 持田製薬(株)の株式を買い増ししてしまいました。 さ~て、どうなりますかね~❓

ちなみに私はあることがきっかけでこの「持田製薬(株)」の株主を35年間も続けております。 持田製薬(株)(4534)は私の夢なのです。これからも村上家の財産としてこの会社の株主を続けてこの会社を応援して行きたいと思っています。

でも、株の話は自己責任ですから。 損をしても誰も助けてはくれません。 最近の持田製薬の株価は4100円~4300円当たりをうろちょろしています。

室井佑月さんと米山隆一さん御結婚

前・新潟県知事の米山隆一さん(52)と作家の室井佑月さん(50)がご結婚されるそうです。(^^♪

室井さんは昨年8月に乳がんの手術を受けて再発の危険を抱えての生活だった。 猛烈なプロポーズを受けて心の拠り所になったようです! 

おめでとうございます。 仕事のことも生き様も・・・・頑張ってください! 

クリック

おめでとうございます!

しかし岡本行夫さんが「コロナ」で亡くなられたなんて(>_<)

官僚の中の官僚で頭も切れるし健康面でも「殺されても死なない」ような方だと思っていたのに「コロナ」でさっさとあの世へ旅立れたというニュースには口あんぐりだな~。 いつもいつもマスコミの注視を受けて心休まる日なんてなかったのかな~(-"-) 74歳だったんだって。


その点、僕なんか少しでも病気が重くなると「さあ大変だ。大変だ」と大騒ぎしてれば良いのだから「気楽な稼業」ときたもんだ」よね~。 岡本行夫さんが「コロナ」によって亡くなられたなんんて信じられないですよ(>_<)

クリック

岡本行夫さんがコロナで逝く


右足の膝から下が腫れて自由に動かせません(-"-)

昨晩、家内に足首から下を重点的にもんでもらいましたら楽になりましたが朝になり目が覚めたらまた動かせません。 杖を使ってやっと歩いています。 今日は1日中、自宅でのらりくらりしています。 

「 人生、こんな日もありか のたり のたり 」 ・・・・・・・膵臓癌を患ったある1日のできごと


ビジネス界が大変なことになっています(-"-) 厳しい現実。

世の中は「新型コロナウイルス」とかで人の流れが変わり、ビジネスの環境がどんどん変わって会社や商店を経営している人達は大変な目に逢っていますね~。

昨日は土曜日にもかかわらず金融機関の方達は出勤で取引先の社長さん達や資金繰り担当者さん達との詰めの打ち合わせが多かったようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     埼玉県の新型コロナウイルス感染症対応資金の制度概要が出ました。

埼玉県では、県の制度融資を活用して、民間金融機関においても 当初3年間は無利子・無担保・据え置き最大5年の融資を実施します。 あわせて、信用保証(セーフテーネット保障4号・5号、機器関連保証)の保証料を半額又はゼロにします。

その他の要件
①融資上限額        3,000万円
②融資期間         10年以内(うち据え置き期間は5年以内)
③担保            無担保
④保証人          代表者以外の連帯保証人は原則不要   

「膵臓癌ステージ4」発見の記録

私は膵臓癌を患って闘病中です。 2020年3月25日(水)、新東京病院(千葉県松戸市和名ヶ谷)で第1回目の抗がん剤を投与しました。それから17日間そこへ入院しました。 副作用が強いのと白血球の数値が低いとのことで次の週の4月1日は休みましたが4月8日は実施しました。 4月16日も実行しました。

結果は「膵臓癌(すいぞうかん)」でステージ4

昨年暮れから お腹が痛くて「胃の検査(胃カメラ)」をしたり 「腸の検査(内視鏡)」をしたりしましたが 特別に悪い処は見つかりませんでした。 ピロリ菌が原因の胃炎が視られるということでピロリ菌の駆除をしたりしましたが。

でも、胃の膨張感が酷くなり食欲が落ちて食べられなくなりました。 当然、痩せてきました。「どこが悪いのだろう?」と病院に行っても便秘だ、ピロリ菌だという話になって痛み止めや便秘の薬をもらって帰る日々が続きました。 お腹の写真も何枚撮ったか❓

私の症状を「ああだこうだ」と聞いていた次女はネットでいろいろ調べていました。 友達の意見も聞いて考え込んでいましたが「お父さんの病気は膵臓の病気です」と言い出しました。 それですい臓の専門の先生が近くの大きな病院にいらっしゃるという噂は聞いておりましたのである方にご紹介状を書いていただいてその本田五郎先生との縁ができたのでございます。

その「本田五郎先生」は私と同郷で同じ熊本の出身で大学も私は熊本大学の法学部卒で、本田先生は熊高→熊大医学部卒、共通の知人、友人もいることが判って気分がどっと明るくなりました。 その時、もしかすると生き残れるかもというかすかな希望を感じました。

それにしても何で今までの病院で判らなかったのか?を考えるとショックです。

そして「膵臓癌・レベル4」との闘いが始まったのです。僕はだらしないから命を永らえるのはむりかもです(-"-) 友達の皆さん、永い間お世話になりました。 できればゴルフも飲み会ももう少しはお付き合いをしたかった。 伊藤さん、中山競馬場もまだまだ
行きたかった。

癌の治療に僕は耐えられるのか?不安です。 家内が一生懸命支えてくれますが僕はだらしがないから怖いのです(涙)。

2020年4月18日    村上勇

イギリスのW・Sチャーチルの本から

イギリスのW・Sチャーチルの本からです。

「我々の目的は何か。それは勝利の一語につきる。

いかなる犠牲を払っても勝つこと。 あらゆる恐怖にもかかわらず勝つこと。

また、いかに長い困難な道のりであっても 勝つこと。

勝利なくしては、イギリス帝国は生き残れない。

チャーチルはこのことを快活さと希望をもって進めると!

<「鈴木さん! ご紹介ありがとうございました」>


皆さんにはもう一度言うとかないと (>_<)

<「病気は 仰山にしろ」>

今度の病気は 「大したことはないな~」 と自分で思っても勝手に判断しないで病院を数社くらいは渡り歩くくらいの「用心深さがないとだめだ」な~! つくづくと思いました。

私の場合も もし娘がネットで「膵臓癌」に着目していなかったら 「膵臓癌のステージ4」を宣告されるのにあと2ヶ月は遅れたかもと思うとぞっとしてしまいます。

内臓の病気が判りつらい場所に合って、癌が進行してしまった場合、最近はPET検査が登場してきていて比較的早く見つかると言われていますがまだまだ万能ではありません。病気は早めの対応が不可欠です。
家族も会社の人達も全員で大勢で団体で毎年健康診断をやる週間にしておきたいと思っています。 もちろん75歳までの社員は社会保険からの書類で強制されていますが一部の項目だけ検査というのが不満です?

PET検査は単なる検査の場合は10万円ですがどこか具合が悪いところがあって診察を受ける場合は3万円だそうです。1年に1回は検査を受けたいですので研究してみたいと思います。

 <「病気は仰山にしろ」>・・・それも早めに早めに!


写真入れ替え(こっちが顔が明るい)

工業会の事務局長が書いてくれた「習字」 ・・・・65歳を過ぎても向上心があって特訓中。凄いですね~(^^)v

今日の私の体調は  "さわやかな" です。  疲弊、体力の消耗など苦しい思いはしていません(^^♪


DSC00118希望5


なにくそ



親父の小言

≪わが愛息へ  親の小言と冷酒は後で効く≫


火は粗末にするな      朝は早起き機嫌良くしろ   人には腹を立てるな
強風の日に遠出するな   恩は遠くから返せ       年寄りをいたわれ
人には馬鹿にされていろ  子の言うことを八九聞くな  年忌法事は怠るな
初心を忘れるな        家業には精を出せ      借りては使うな
働いて儲けて使え      不吉は言うべからず     人には貸してやれ


病気は仰山にしろ      家内は笑うて暮らせ 

<続く>

«  | HOME |  »

プロフィール

misatoism

Author:misatoism
●ミサト化成株式会社
会長 村上勇
●「凄腕のビジネスマン」になれ!
●「これだけは誰にも負けない」というものがありますか?
(ピーター・ドラッカー)
●政権交代前夜の思い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード